ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 笠岡市立郷土館は通常どおり開館しています

笠岡市立郷土館は通常どおり開館しています

印刷用ページを表示する更新日:2021年6月22日更新 <外部リンク>

笠岡市立郷土館は通常どおり開館しています

6月22日(火曜日)から通常どおり開館しています。
 

 新型コロナウィルス感染症の感染拡大を防止するために、5月16日(日曜日)から6月21日(月曜日)まで、笠岡市立郷土館を臨時休館しておりましたが、現在は通常どおり開館しています。

コロナ感染拡大防止

郷土館企画展示「白石島の帆印帳と遠眼鏡」について

郷土館企画展示関連企画 クロスワードパズルを解いて「白石島の帆印帳と遠眼鏡」に行こう!

 郷土館企画展示関連企画として、『クロスワードパズルを解いて、「白石島の帆印帳と遠眼鏡」に行こう!』を実施します。
 このサイトに掲載のクロスワードパズルを解いて、クイズに解答して下さい。クイズの正解者は企画展示「白石島の帆印帳と遠眼鏡」の入館料が無料になります。

クロスワードパズルのダウンロードはこちらから!
  ↓   ↓    ↓   ↓   ↓
クロスワードパズル [PDFファイル/471KB]

詳細はこちらから! → http://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/39/31126.html

企画展示「白石島の帆印帳と遠眼鏡」について

令和3年5月15日(土曜日)から7月25日(日曜日)まで,企画展示「白石島の帆印帳と遠眼鏡」を開催します。
詳細については,下記のURLへ。
  ↓    ↓     ↓
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/39/31126.html

展示替えのため,次の期間は臨時休館いたします。
【臨時休館期間】  令和3年7月26日(月曜日)から7月30日(金曜日)

 

笠岡市立郷土館

 

外観
外観

展示概要

笠岡市立郷土館は、昭和44年5月に国・県からの補助を受けて建てた収蔵庫と、昭和44年12月に広く市民一般の方々からいただいた寄付金により建てた展示館とを総称したものです。
郷土館では、笠岡市内の考古・歴史・民俗資料を収集・展示して、郷土の歴史と文化の紹介につとめています。

展示内容

大飛島遺跡出土・奈良三彩小壺
大飛島遺跡出土・奈良三彩小壺(国指定重要文化財)

利用案内

所在地岡山県笠岡市笠岡5628-10
開館時間午前9時~午後5時
休館日毎週月曜日・祝日の翌日
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間
入館料

個人 一般50円・小中学生20円
団体 一般30円・小中学生10円(団体は30人以上)
※65歳以上、市内の小中学生、心身に障がいのある方及びその介護者は無料

交通JR笠岡駅よりバス利用
(市民病院前下車、南西へ徒歩3分)
JR笠岡駅から西へ徒歩約15分

郷土館位置図<外部リンク>
地図

施設概要

敷地面積

856.7平方メートル

建物

展示館

鉄筋コンクリート平屋建て (床面積 180平方メートル)

収蔵庫

鉄筋コンクリート平屋建て (床面積 95.32平方メートル) 

お問い合わせ先

展示内容について
笠岡市教育委員会 生涯学習課(電話0865-69-2155)

施設情報について
労働福祉会館(郷土館となり)(電話0865-62-3451)

笠岡市郷土館(清水比庵の書)
笠岡市郷土館(清水比庵の書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)