ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 定住促進センター > フラット35 子育て支援型・地域活性化型(住宅ローン支援)

フラット35 子育て支援型・地域活性化型(住宅ローン支援)

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月23日更新 <外部リンク>

「フラット35 子育て支援型・地域活性型」について

 笠岡市では平成29年11月1日に住宅金融支援機構と提携し,一定の条件を満たし,笠岡市に住宅を新築される方を対象に住宅ローンの金利引下げの優遇措置が受けられるようになりました。(笠岡市住宅新築助成金を受けて市内に新築される方かつ,フラット35 子育て支援型・地域活性化型の要件に当てはまる方が対象です。)

 フラット35 子育て支援型・地域活性型を利用するとフラット35の借入金利が当初5年間,年0.25%引下げになります。

 また,フラット35Sと併せて御利用いただけるため,最大で借入金利が当初5年間,年0.5%引下げになります。

  ※詳しい制度内容や手続はチラシを御覧ください。

  ※平成31年1月15日から子育て支援型の要件が緩和されました。

   フラット35 子育て支援型・地域活性化型チラシ [PDFファイル/441KB]

チラシ      

御利用いただくための要件

 フラット35 子育て支援型・地域活性型を御利用いただくためには笠岡市から「フラット35 子育て支援型・地域活性型利用対象証明書」の交付を受ける必要があります。

 「フラット35 子育て支援型・地域活性型利用対象証明書」の交付を受けるためには笠岡市住宅新築助成金の交付対象かつ以下のいずれかのプランの要件をすべて満たす必要があります。

フラット35 子育て支援型(若年子育て)の場合

 ・笠岡市内に住宅を新築すること(※分譲住宅は対象外となります。)

 ・補助申請者(補助申請予定者を含む。)が住宅建築に係る工事請負契約日において満40歳以下であること

 ・取得する住宅の登記(表示に関する登記)完了時点において,現に同居し扶養する子が中学生以下であること(子を出産予定の場合を含む。)

フラット35 地域活性化型(UIJターン)の場合

 ・笠岡市内に住宅を新築すること(※分譲住宅は対象外となります)

 ・笠岡市外から笠岡市に移住すること

利用手続

 事前にフラット35の取扱い金融機関の審査を受けた後に「フラット35 子育て支援型・地域活性型利用対象証明書」の申請書に必要書類を添付して笠岡市住宅新築助成金の事業認定申請と同時に笠岡市定促進センターに提出をお願いいたします。
 申請が適性と認められれば証明書を交付しますので,借入れ先の金融機関に御提出ください。

 フラット35取扱い金融機関一覧 [PDFファイル/333KB]

申請様式等

  フラット35利用対象証明申請書 [PDFファイル/129KB]

お問合せ先

フラット35に関すること

 住宅金融支援機構中国支店 地域営業グループ

 082-221-8654

利用対象証明書,助成金に関すること

 笠岡市定住促進センター

 0865-69-2377

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)