ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 環境課 > 「食品ロス」削減について

「食品ロス」削減について

印刷用ページを表示する更新日:2018年11月20日更新 <外部リンク>

「食品ロス」の現状について

 「食品ロス」とは,まだ食べられるのに,捨てられる食べ物をいいます。

日本では年間約646万トン(平成27年度推計)の食品ロスが発生しており,これは,世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。

また,食品ロスを国民一人当たりに換算すると”お茶腕約1杯分(約139g)の食べもの”が毎日捨てられていることになるのです。「もったいない」と思いませんか?

大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から,食品ロスを減らすことが必要です。

詳しくは,消費者庁のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

食品ロスを減らすために,できることは?

(1)必要に応じて買い物しよう!

 必要なものを,必要な時に,必要な量だけ購入するようにしましょう。買い物に行くときは,冷蔵庫の中をチェックしてから出かけてみましょう。

(2)食材などを上手に調理しよう!

 食材をきちんと最後まで使い切りるように心がけましょう。また,食べきれなかった場合には,他の料理に作り替えてみたり,献立や調理方法を工夫してみましょう。

 →のこさずたべよう料理レシピ集

(3)食べ残しをなくしましょう! 

 料理は残さず,食べきるようにしましょう。また,料理を作りすぎず,食べきれる量だけ作るようにしましょう。

(4)賞味期限と消費期限を正しく理解し,無用な廃棄をしない!

(5)外食時(宴会など)にはこんなところに注意してみよう!

 宴会などでは食べきれず,ごみとして捨てられてしまうものが多くなります。次のポイントを参考に,外食時(宴会など)の食品ロスを減らしましょう。

・まずは,適量注文しましょう。

・開始30分,終了10分など,席を立たずにしっかり食べる時間を作りましょう。

・幹事さんなどは,「おいしく食べきろう」などと声かけをして,食べ残しがないようにしましょう。

「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン

忘年会・新年会はおいしく残さず食べきろう!

12月から1月は,外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを展開しています。

忘年会・新年会など宴会では,開始30分と終了前10分は,自席の料理をしっかり食べる「食べきりタイム」を実施するなど,食品ロスの削減に御協力をお願いします。

笠岡市キャンペーン宴会五箇条(PDF:283KB)はこちら [PDFファイル/283KB]

幹事の方にお願い(PDF)はこちら [PDFファイル/75KB]

→ キャンペーンにリンク

笠岡市は「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」に参加しています

 全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会とは,「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する自治体により,広く全国で食べきり運動等を推進し,以て3Rを推進すると共に,食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークです。

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会<外部リンク>(外部サイトへ移動します)

関連情報

リンク先:環境省関連ページへ<外部リンク>

リンク先:岡山県関連ページへ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)