ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 農政水産課 > 露天施設を目的とした農地転用申請に係る取扱要領の制定について

露天施設を目的とした農地転用申請に係る取扱要領の制定について

印刷用ページを表示する更新日:2017年6月26日更新 <外部リンク>

露天施設を目的とした農地転用申請に係る取扱要領の制定について

 笠岡市農業委員会では平成29年6月6日開催の第3回農業委員会において,露天施設を目的とした農地転用申請についての取扱要領を制定しました。
 これは,露天施設の性質上,転用後すぐに許可内容と違う用途に使用できるため,長期的な使用が確実であると認められるもの以外は,原則として3年以内の一時転用の扱いとし,原形復旧を求め,優良農地を確保しようとするものです。もし,恒久転用が可能な場合であって,期限後も継続して使用したいときには,一時転用の期間終了直前に,再度農地転用(恒久転用)の許可を得て使用することになります。

  なお,この要領は平成29年6月6日施行し,平成29年8月19日以降の申請分(10月10日開催第7回農業委員会申請分)から適用します。

手続きの概略

露天施設の農地転用の手続き

要領本文

 露天施設を目的とした農地転用申請についての取扱要領 [PDFファイル/272KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)