ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 風しんの定期接種(第5期)を実施しています。

風しんの定期接種(第5期)を実施しています。

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月9日更新 <外部リンク>

平成31年4月より風しんの定期接種(第5期)を実施しています。

風しんから,あなた自身と周りの人を守るために風しんに対する抵抗力を確認・獲得しましょう

 これまでの風しん対策は,乳幼児及び妊娠を希望する女性等を中心に行ってきましたが,2018年7月以降,関東地方を中心に風しん患者の数が増加しています。この度の流行における患者の多くは,風しんの抗体保有率が低い30~50代の男性であることなどから追加的対策として,風しんの定期接種(第5期)を実施いたします。

風しんとは?

 感染者のせきやくしゃみ,会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。成人は高熱,発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。

 小児は発熱,発疹,首や耳の後ろのリンパ節が腫れて数日で治りますが,まれに高熱や脳炎になって入院することがあります。

風しんに感染すると何が問題なの?

 電車や職場など人が集まる場所で,多くの人に感染させる可能性があります。

 妊娠早期の妊婦が風しんに感染した場合,生まれてくる赤ちゃんが先天性風しん症候群になる可能性があります。

先天性風しん症候群とは?

 妊娠初期に風しんに感染すると,赤ちゃんが先天性心疾患,白内障,難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。

定期接種(第5期)の流れと方法

 対象となる方へクーポン券が届きますので,クーポン券に従って抗体検査を受けてください。風しんへの抵抗力が低いことが分かった場合,風しんへの抵抗力(免疫)をつけるため,予防接種を受けましょう。受診の方法と流れ

  対象者:1962年(昭和37)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日生まれの男性

  実施期間:平成31年4月~令和4年3月

  自己負担額:無料

  実施医療機関:市内及び全国の予防接種実施医療機関

  医療機関へ持参するもの:【抗体検査】 クーポン券,健康保険証

                   【予防接種】 クーポン券,健康保険証,抗体検査の結果が確認できるもの        

   ※医療機関によっては実施していない場合があります。また,事前に予約が必要な場合もあります。

     該当の方にはクーポン券とともに実施医療機関をお知らせしますので詳しくは医療機関へお尋ねください。  

笠岡市内実施医療機関一覧(風しんにおける抗体検査及び第5期定期接種) [PDFファイル/117KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)