ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 税務課 > 介護保険料の減免について

介護保険料の減免について

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月13日更新 <外部リンク>

介護保険料の減免について                               

 

介護保険料が第1~3段階のうち,次の(1)~(5)全てに該当する方を対象に介護保険料を減免します。

<減免の対象となる方>

(1)市民税の課されている方に扶養されていない。

(2)市民税の課されている方と生計を共にしていない。

(3)資産などを活用してもなお生活が困窮している状態と認められる。

(4)保険料を滞納していない。

(5)本人の属する世帯の年間収入(障害,遺族年金,恩給などの非課税収入を含む)が下記の表のいずれかに該当する。

介護減免基準表

 

<申請に必要なもの>

・印鑑

・収入を証明する書類(確定申告書の控え、源泉徴収票、年金支払い通知書など)

・預貯金残高証明書または預金通帳の写し

・その他保有資産がわかる書類など

※これらの書類をもとに申請していただきます。

 

<申請期間>

7月末までに申請を行えば、1年間分の介護保険料が減免の対象になります。その後に申請された場合は,申請月から3月までの期間が減免の対象になります。