ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

笠岡市定員適正化計画

印刷用ページを表示する更新日:2019年3月19日更新 <外部リンク>

笠岡市定員適正化計画

 人口減少や歳入の減少の中,職員数の増加を最小限に抑え,正規職員数及び再任用職員を合わせた実稼働人数を確保し,定員管理の適正化に努めるため策定する計画です。

 

笠岡市定員適正化計画 [PDFファイル/1.11MB]

 

計画期間

 2019年度~2022年度

計画の考え方

(1)市民ニーズへの効果的な行政サービス提供の確保
  第7次笠岡市総合計画の着実な推進を図るため,組織を見直しするとともに事務事業の見直し,民間活力の活用を推進する。

(2)優秀な人材確保や職員の質の向上
 職員の退職による補充には,年齢バランスに配慮した採用に心がけ,職員の特性やスキルに応じた計画的な研修を行う。また,国県市町村などへ積極的に派遣を行い,職員のスキルアップにつなげる。

(3)多様な雇用形態の活用と適切な配置の実現
 再任用職員や嘱託職員,非常勤職員などの様々な雇用形態を活用し,効果的で適正な配置に心がける。さらに,再任用職員については,正規職員と同様に適材適所への配置に心掛け,全職員のワーク・ライフ・バランスの確保や健康状態の維持に務める。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)