ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住まい

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月30日更新

笠岡に住みたくなるポイント

1 自然・文化が豊か

諸島  干拓

  南は瀬戸内海,北は緑豊かな田園風景が広がっており自然豊かな環境が笠岡にはあります。

ポピー  道の駅

 海は笠岡諸島を中心に海水浴などのレジャーや観光などが人気で,陸地部では広大な笠岡湾干拓地があり,道の駅周辺では四季折々の花がほ場一面に咲き誇ります。  

花火  白石踊

 また,世界に一つしかないカブトガニ博物館や日本画家・小野竹喬の画業を伝える竹喬美術館,国指定の重要無形民俗文化財の「白石踊」など多くの文化・祭りが各地区に受け継がれており,伝統が息づいています。 

2 子育てしやすい

 笠岡は待機児童数“ゼロ”です。市内に保育所が16か所(私立含む)あり,お住まいの近くに安心して子どもを預けられます。
 さらに,子育て支援制度も充実しており,保育料の減免制度や中学3年生まで医療費の一部負担金が無料になる「子ども医療費給付事業」,育児・保育に精通した「子育てコンシェルジュ」という専任職員を配置しているため,子育てに関する相談などその方にとって最適のサービスをアドバイスしてもらえます。
 また,市内には15の小児科があり,近くに小児科があるという安心感のもと,子育てが行える環境が整っています。

3 交通の利便性が良い 

 西に福山市,東は倉敷市と大規模都市にも近く,国道2号線や山陽道,JR山陽本線にも面しているため,買い物や家族でのお出かけにも便利です。さらに福山市や倉敷市が近くのため,仕事を見つけやすく,通勤にも便利です。


 

ほどよく田舎でほどよく都会  それが笠岡の魅力です!

 


移住・定住の支援制度

住宅新築助成金

 子育て世代(40歳以下)の定住・移住を促進するため,市内へ住宅を新築される方を対象に建築費の一部を助成する制度があります。

 詳しくはこちらをクリック

固定資産税一部助成金

 住宅新築助成金の対象にならない方や中古物件を購入された方に対して定住・移住を促進するため固定資産税相当額の一部を助成する制度があります。

 詳しくはこちらをクリック

多世代同居等支援助成金

 多世代家族の形成と子育ての支援を促進し,家族の絆の再生と定住促進を図るために,多世代で同居等をされる方について引越費用の一部助成,建物登記費用の一部助成,礼金・仲介手数料の一部助成を行っています。

 詳しくはこちらのクリック

新婚家賃助成金

 婚姻率の向上とこれからの笠岡を担う新婚世帯に対して賃貸住宅の家賃を助成する制度があります。

 詳しくはこちらをクリック

空き家バンク制度

 空き家の有効利用と定住・移住促進のため,空き家バンク制度を実施しています。

 詳しくはこちらをクリック

お試し住宅制度

 移住する前に笠岡での暮らしを実際に体験できるよう最長2週間利用できるお試し住宅制度があります。

 詳しくはこちらをクリック

笠岡市の宅地情報

市有地宅地情報

 市が保有している土地の売却などの情報を掲載しています。

 詳しくはこちらをクリック(財政課ページ)

一般宅地情報

 民間業者から情報提供のあった一般宅地情報を掲載しています。

 詳しくはこちらをクリック