ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

延福寺跡

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月12日更新 <外部リンク>

延福寺跡(えんぷくじあと)

市指定 史跡

所在地 : 笠岡市走出 持宝院 /所有者 : 持宝院
指定年月日 : 昭和36年10月4日

えんぷくじあと
延福寺跡

 持宝院は真言宗のお寺で、「走出のお薬師さん」として、古来より病気、特に眼病におかげがあるとして、広く信仰を集めてきた。
この場所にはかつて延(または円)福寺と称する寺院があった。その開基は古く平安時代と伝わる。南北朝時代には「延福寺山合戦」の戦場となり、痛手を被ったものの、その後室町時代には再び栄えた。記録には、碇光坊(現在の明王院)など12坊の名が記されている。
しかし、延福寺は江戸時代初め頃には衰微したらしい。そして寛文12年(1672)、後月郡上出部村(現・井原市)にあった持宝院が、寺を再興するにあたり、水害のある上出部の地から出て、山上にあり本尊がともに薬師如来で薬王寺と称する延福寺の跡へと移転してきた。こうして、延福寺跡は持宝院の境内となって今日に至っている。