ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

閑香の塔婆

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月12日更新 <外部リンク>

閑香の塔婆(かんかのとうば)

市指定 重要文化財(石造美術)

員数:1基/所在地:笠岡市神島外浦 日光寺墓地/ 管理者:日光寺
指定年月日:昭和33年4月25日

閑香の塔婆
閑香の塔婆

日光寺裏の墓地に、変わった形をした石塔がある。
花崗岩製で、円柱形の塔身と丸い形の笠を持っている。正面に「閑香」という文字を刻み、「天正十二年申八月」(1584)の文字を両側にふり分けて「天八申」「正十二」と刻んである。特異な形式の墓石で、墓制史上非常に珍しいものといわれている。