ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

甲弩神社の拝殿

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月12日更新 <外部リンク>

甲弩神社の拝殿(こうのじんじゃのはいでん)

市指定 重要文化財(建造物)

員数:1棟/所在地:笠岡市甲弩 甲弩神社/所有者:甲弩神社
指定年月日:昭和38年2月20日
甲弩神社
甲弩神社

甲弩(こうの)の宮山にある甲弩神社は、古くは甲努郷(古代、笠岡市北部をこう呼んだ。)の郷社であったと伝えられている。
明治以前は艮(うしとら)宮などと呼ばれていた。
拝殿は、笠岡市内で最古の拝殿建築といわれている。
平成19年に、屋根の内部で墨書が見つかり、宝永7年(1710)の建築であることが明らかとなった。建てた大工は塩田長衛門安次である。
社の周りにはヒノキ、スギ、カヤなど大木が茂って荘厳な雰囲気をかもし出しており、岡山県の郷土自然保護地区として指定されている。