ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 建設管理課 > 一般国道2号 笠岡バイパスについて

一般国道2号 笠岡バイパスについて

印刷用ページを表示する更新日:2015年10月28日更新 <外部リンク>

一般国道2号 笠岡バイパスについて

笠岡バイパスは、地域高規格道路倉敷福山道路の一部を構成する笠岡市西大島新田から茂平に至る延長7.6kmのバイパスです。
笠岡市周辺における一般国道2号の通過交通を受け持つことにより、笠岡市街地に集中する慢性的な交通渋滞の緩和と、それに伴う同地域の活力向上を図ることを目的としています。
笠岡バイパスは、平成10年度に地域高規格道路の整備区間指定を受け、事業が進められています。
なお、平成20年3月15日に笠岡市西大島新田~入江間(0.4km)及び笠岡市カブト南町~港町間(2.9km)の側道部分が開通しました。

関連リンク

国土交通省岡山国道事務所のホームページ<外部リンク>