ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 障がい福祉 > 特別障がい者手当について

特別障がい者手当について

印刷用ページを表示する更新日:2017年11月13日更新 <外部リンク>

 身体・知的・精神に重度の障がいがあるため日常生活において常時特別な介護を必要とする在宅の障がい者に対し,特別障がい者手当を支給して,その者の福祉の向上を図ることを目的とした制度です。

対象者

 身体・知的・精神に重度の障がいがあるため日常生活において常時特別な介護を必要とする,20歳以上の在宅で生活している障がい者本人に支給されます。
 ただし,次のような場合には手当の支給を受けられません。

  • 社会福祉入所施設に入所しているとき
  • 病院または診療所に継続して3ヶ月を超えて入院しているとき
  • 本人,配偶者,扶養義務者の前年の所得が,基準額を超えているとき

支給月額(平成29年4月1日現在)

 26,810円

支給方法

 2・5・8・11月の年4回,障がい者名義の口座に振込みます。

申請に必要なもの

  1. 特別障がい者手当認定請求書 (地域福祉課に設置)
  2. 特別障がい者手当所得状況届 (地域福祉課に設置)
  3. 障がい者手帳 (所持されている方のみ)
  4. 印かん
  5. 公的年金等の収入金額のわかるもの (年金証書,払込通知書,通帳等)
  6. 障がい者の戸籍謄(抄)本 (発行日から1ヶ月以内)
  7. 診断書 (地域福祉課に設置)
  8. 障がい者名義の口座のわかるもの
  9. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの (1)請求者本人,(2)請求者の配偶者,(3)扶養義務者((1),(2)以外で生計をともに維持するもの) ※コピー可
  10. 窓口に来る方の本人確認書類(写真入りのものは1種類,それ以外は2種類が必要です。)

 ※前住所地の自治体で発行した住民税課税・所得証明書(笠岡市で課税・所得状況が確認できない場合)