ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権推進課 > 「令和6年度笠岡市平和祭 安田菜津紀さん講演会」を開催します

本文

「令和6年度笠岡市平和祭 安田菜津紀さん講演会」を開催します

ページID:0057308 更新日:2024年6月6日更新 印刷ページ表示

戦争は海の向こうの遠い問題なのでしょうか。


今年の平和祭では、フォトジャーナリストの安田 奈津紀さんを講師にお招きします。
安田 奈津紀さんは、国内外の紛争地や被災地を取材されていて、TBSテレビ『サンデーモーニング』のコメンテーターとしてもご活躍中です。
講演会では、現地での取材経験を踏まえた、メディアでは伝えきれない世界の状況についてお話いただきます。

この夏、平和について一緒に考えてみませんか。
ぜひ、お気軽にお申し込みください。

 

認定NPO法人Dialogue for People・フォトジャーナリスト
安田 菜津紀さん 講演会

 日時:令和6年8月4日(日曜日) 14時~15時30分(13時30分開場)

 会場:笠岡市保健センター ギャラクシーホール(笠岡市十一番町1-3)

 演題:「紛争地、被災地に生きる人々の声~取材から見えてきたこと~」

 入場料:無料(定員300名先着順) ※事前申込が必要です

安田菜津紀さんからのメッセージ

シリアやウクライナでは過酷な戦争が終わらず、パレスチナ・ガザ地区では昨年来のイスラエルによる侵攻で犠牲者が増え続けています。果たしてそれは、海の向こうの遠い問題なのでしょうか?東日本大震災で被災地となった岩手県陸前高田市で出会った人々のある行動が、遠いと思われがちな地との心の距離を縮めてくれました。こうした取材を写真でお伝えしながら、私たちがどんな未来を選んでいきたいのかを、改めて考えたいと思います。                                 

講演会チラシ

チラシ画像

チラシの拡大・印刷 [PDFファイル/1.16MB]

申込方法

 (1) 申込フォームから

   下記の申込フォームへアクセスし、必要事項を記載してお申し込みください。
    ▷申込フォーム<外部リンク>

   「利用者登録せずに申し込む方はこちら」から申し込みできます。
   ※笠岡市民以外の方も利用できます。

でんし

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)電話から
   下記電話番号へ参加者の氏名、住所、電話番号をお伝えください。
   【電話番号】0865-69-2120

 (3) Faxから
   下記アドレスへ参加者の氏名、住所、電話番号を記載しお送りください。
   【Fax番号】0865-62-5767

安田菜津紀さん プロフィール

1987年神奈川県生まれ。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『国籍と遺書、兄への手紙 ルーツを巡る旅の先に』(ヘウレーカ)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)