ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 笠岡市の議会改革の取り組み

笠岡市の議会改革の取り組み

印刷用ページを表示する更新日:2018年11月21日更新 <外部リンク>

議会改革の取り組み

 笠岡市議会では,議会の活性化を目指して一層の議会改革に取り組むとともに,市民の参加と,より市民に開かれた議会運営を推進すべく現在取り組みを進めています。

 

 平成10年から本格的に始まった議会改革に係る様々な取り組みを経て,平成24年の市議会改選前には,市議会に係る基本的事項とその責務,更に市民参加による開かれた市議会を推進するため,笠岡市議会基本条例,笠岡市議会議員政治倫理条例が制定されました。

 

 また,平成28年には,この基本条例制定から4年を経過しての各条文項目に対して,議会運営委員会で評価を行い,各会派も含めた評価票並びに笠岡市議会「議会改革・議会活性化計画」の作成を行い,会派及び全員協議会で了承されました。

 

 その後,平成28年の市議会改選後に議会行政改革特別委員会が引き続き設置されたことを受けて,笠岡市議会「議会改革・議会活性化計画」の基本的な考えに基づいて,特別委員会において引き続き取り組むこととなりました。これを受けて,詳細事項について平成28年度と平成29年度の2カ年計画により,現在協議・検討しているところです。これを受けて,特に取り組むべき詳細事項を8項目に絞って決定し,全員協議会で承認され,平成28年度と平成29年度の2カ年計画により,特別委員会で協議・検討することとなりました。

 

8項目の取り組み項目の内,平成28年度計画である(1)から(5)までの取り組み項目については,最終報告(答申)を議長へ行い,会派代表者会議と全員協議会を実施して確認・了承されました。

 

 更に,その後も特別委員会による複数回に渡る委員間討議・会議を経て,平成29年度計画である(6)から(8)の取り組み項目について,最終報告(答申)を議長へ行い,会派代表者会議と全員協議会を実施して確認・了承されました。

 

 今後も二元代表制の下,議事機関としての機能及び監視機能の発揮並びに市民による開かれた市議会の推進のために,取り組んでまいります。

 

 

議会改革のあゆみ

 平成10年12月には正副議長をオブザーバーとして任意の諮問機関である「笠岡市行政改革推進懇談会」を設置し,議会の活性化に向けた取り組みを進めました。
 その後様々な取り組み事項について,検討を行い,取り組み推進しています。

【笠岡市議会改革(基本方針・実施計画)平成13年3月】 [PDFファイル/1.87MB]

 

 平成22年12月からは、「笠岡市議会議会基本条例特別委員会」を立ち上げ、市民参加による開かれた議会をさらに推進するため,議会基本条例制定に向けた検討を進め,平成23年10月定例会本会議において「笠岡市議会基本条例」を全会一致で可決し、制定しました。

 この条例は,市民と議会との関係や,議会及び議員の活動原則など議会の基本的な事項が定められ,市議会運営における最高規範として,平成24年4月1日に施行しました。

議会基本条例・議員政治倫理条例

 

 平成27年12月には,4年を経過しての議会基本条例の各条文項目に対しての評価を行うため,議会運営委員会において実施し,評価票を作成し,ホームページへ公表したものです。  

議会基本条例の総合評価 

 

 平成28年5月臨時会において,議会・行政改革特別委員会が継続設置されたことから,先の議会運営委員会で取り組まれていた事項並びに申し送り事項について,協議・検討を行っています。

 今後も更なる議会の活性化及び市民に開かれた議会の実現に向けて,より一層の取り組みを進めてまいります。

 ここでは,平成28年からの議会・行政改革特別委員会においての検討状況をお知らせしていきます。

 

議会改革の取り組み状況

回数(開催日)

項  目

検討概略

第1回会議(H28. 6.29)

・前回改選前の計画状況

●笠岡市議会基本条例総括評価票

●笠岡市議会「議会改革・議会活性化計画」

<笠岡市議会ロードマップ> 

 

・改選前の議会運営委員会での基本条例評価と議会活性化計画の申し送り状況,会派代表者会議での申し送り確認状況の説明を行った。

・申し送り計画書による今後の取り組み事項について協議した。

第2回会議(H28. 7.15)

・取り組み項目について決定

【議長申出書 取組8項目】 [PDFファイル/45KB]

・項目検討にあたり,申し送り計画書への追記事項等を行った。

・申し送り計画書に基づき8項目について決定した。

 (1)議員間の自由討議による合意形成

 (2)政策討論会の実施

 (3)反問権

 (4)周辺整備(議会Ict化計画書)

 (5)立法機能の充実・強化

 (6)議員定数,報酬の検討

 (7)委員会機能の強化

 (8)議会事務局の強化

・8項目の検討について委員長から議長への申し出を行った。

・9月定例会時の全員協議会で8項目について特別委員会で協議し,決定していく旨周知及び了承を得た。

第3回会議(H28. 9. 9)

・行政改革進みぐあいについての審議

・第7次笠岡市行政改革大綱に基づく実施計画進みぐあいについて執行部審議を行った。

第4回会議(H28. 9.20)

・各項目の委員の考え方による討議と参考資料提示

・項目検討にあたり,参考資料の提示を行った。

・各委員から考え方による討議を行った。

第5回会議(H28.10.27)

・各項目の具体的検討資料と検討スケジュール表の提示

・検討項目の優先順位

・検討にあたり具体的な提案資料提示(要綱案・運用イメージ図案等)とスケジュールの提示を行った。

・今後検討していく8項目の優先順位を決定した。

第6回会議(H28.11.15)

・優先順位別の具体的検討項目の協議

「反問権・議員間の自由討議について協議を始めた」

・優先順位決定に基づき項目(3)反問権「笠岡市議会反問権実施要綱(案)」と項目(1)議員間の自由討議「笠岡市議会自由討議実施要綱(案)」について内容討議を行い,修正・追記等を行った。

第7回会議(H28.12.2)

・取り組み事項(4)周辺整備(議会Ict化)「笠岡市議会Ict化推進基本計画」(案)について協議

・取り組み項目(2)政策討論会の実施(5)立法機能の強化について続いて協議

・Ict化推進基本計画の策定に向けて検討協議を始めた

 

議会の政策提言・立法機能の強化を図るため,政策討論,議員間協議の運用サイクルの検討協議を行った。

第8回会議(H28.12.13)

・行政改革進みぐあいについての審議

・笠岡市議会Ict化推進基本計画の実施計画部分について各項目再検討

・第7次笠岡市行政改革大綱に基づく実施計画進みぐあいについて執行部審議を行った。

・笠岡市議会Ict化推進基本計画の実施計画について再確認を含め詳細項目について検討を行った。

全員協議会での確認・承認(H28.12.21)

・行政改革進みぐあいについての報告と議会改革8項目取り組みについての確認と承認を行った。

・議長への経過報告と共に会派代表者会議並びに全員協議会を実施し報告による確認と承認を行った。

第9回会議(H29.1.18)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の調査検討について協議

・各委員からの意見発表と委員間での協議検討を行った。

次回会議で後半部分について協議を行う

第10回会議(H29.2.16)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の調査検討について引き続き協議

・各委員からの意見発表と委員間での協議検討を引き続き行った。

全員協議会での確認・承認(H29.3.10)

・議会改革8項目の内,平成28年度計画取り組み項目(1)から(5)についての最終報告(答申)を全員協議会で行った。

「反問権・議員間討議の要綱を制定することも報告」

【笠岡市議会反問権実施要綱】 [PDFファイル/116KB]

【笠岡市議会自由討議実施要綱】  [PDFファイル/59KB]

【笠岡市議会Ict基本計画書】 [PDFファイル/345KB]

【平成28年度取り組み事項 最終報告(答申)】  [PDFファイル/983KB]

・議長への最終報告と報告書(答申)の提出並びに会派代表者会議報告と全員協議会の実施

第11回会議(H29.3.21)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の調査検討について比較表の追加と定数計算式の具体的数値の追加協議を行った

・笠岡市議会Ict化推進基本計画に伴うタブレット端末導入に向けて委員選出を行った。

・追加表及び定数計算式等の数値を事務局で入れて,資料の再提出を行うこととした。

・タブレット端末導入検討のため執行部との合同会議を行うため,特別委員会から事務局職員と議員2名の選出を行った。

第12回会議(H29.4.20)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数について論点項目の協議と考え方について協議を行った。

・会派代表者会議並びに全員協議会で確認・了承された議会Ict化の内,タブレットによる会議システムの事業計画に伴う,先進地視察実施決定。

 

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数について論点項目の協議と考え方について協議を行った。

・会派代表者会議並びに全員協議会で確認・了承された議会Ict化の内,タブレットによる会議システムの事業計画実施のため,先進地視察を行うことが決定された。

 

 

 第13回会議(H29.5.17) ・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数について各委員の考え方を委員間協議した。

・29年度取り組み項目(2項目)を並行して協議開始した。

 ・取り組み項目(6)を行う中で,会派の意見もまとめ各委員で論点別の意見書を提出し,次回協議検討することとなった。

・29年度取り組み項目(7)委員会機能の強化と取り組み項目(8)議会事務局の強化についてたたき台資料の検討を引き続き行うこととした。

 行政視察の実施

(H29.7.3~7月4日)

 ・先進地行政視察の実施 

<逗子市議会>

<芦屋市議会>

 議会Ict化計画の中のタブレットによる会議システムの事業計画実施のため先進地視察を行い,今後具体的な取り組み内容の参考とした。

第14回会議(H29.7.12)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数について各委員の意見書提出をし,考え方を委員間で協議した。

・取り組み項目(7)委員会機能の強化(8)議会事務局の強化を委員間協議した。

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数について各委員「会派を含めた意見」から提出の論点・意見による委員間協議を行った。

・取り組み項目(7)(8)について当特別委員会で基本事項を検討決定し,今後各常任委員会等で先進地のような実行性のあるものとしたいと確認

第15回会議(H29.8.17)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬について引き続き協議

 

 ・取り組み項目(6)議員定数・報酬について論点別の意見確認と報酬について委員間協議を行った。

 

 第16回会議(H29.9.20)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬について引き続き協議

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の調査検討報告書の報酬について参考資料による現状の状況について議論した。

第17回会議(H29.10.26)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬について引き続き協議

 

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の調査検討報告書の報酬について適正な議員報酬について委員間の協議を行った。

 第18回会議(H29.11.20)

・取り組み項目(6)議員定数・報酬について取りまとめ協議

 

・取り組み項目(6)議員定数・報酬の定数並びに報酬の最終的な委員会での結論と取りまとめを行った。

 第19回会議(H29.12.21)

・議会改革8項目の内,平成  29年度計画取り組み項目(6)から(8)についての最終報告(答申)の確認

 

・取り組み項目(6)から(8)の議長への最終報告書(答申)の確認を行った。

・議長への最終報告と報告書(答申)の提出を行った。

 議長室(H29.12.21)

-

 ・議長への最終報告と報告書(答申)の提出を行った。

 全員協議会での確認・承認(H29.12.25)

 

・議会改革8項目の内,平成  29年度計画取り組み項目(6)から(8)についての最終報告(答申)を全員協議会で行った。

※最終報告(答申)による意見書提出決議を今後行う予定

【平成29年度取り組み事項 最終報告(答申)】 [PDFファイル/1.99MB]

・会派代表者会議報告と全員協議会の実施

 市長室(H29.12.25)

-

 ・議長から市長へ笠岡市特別職報酬等審議会の開催要請書の提出を行った。

※報酬については,特別委員会から議長への報告書(答申)を提出し,この答申書を元に議長が,執行部(市長)へ笠岡市特別職報酬等審議会の開催要請を行いました。

※今後は,平成28年度及び29年度の2か年に渡る議会・行政改革特別委員会の最終報告(答申)を議長へ提出したことから,この計画に沿った事業等を各常任委員会等を含め,進めていくこととなります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)