ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 地域福祉課 > 障害者優先調達推進法について

障害者優先調達推進法について

印刷用ページを表示する更新日:2019年10月18日更新 <外部リンク>

 平成25年4月1日に「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(略称:障害者優先調達推進法)」が施行されました。
 この法律は,国や地方公共団体などが物品等の調達にあたり,障がい者就労施設等から優先的に物品等を調達することにより,障がい者就労施設等で就労する障がい者や在宅就業障がい者等の自立の促進を図ることを目的に制定されました。
 法律の概要 [PDFファイル/121KB] 

調達推進方針及び調達実績について

 障害者優先調達推進法第9条の規定による,障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るため,毎年度推進にかかる方針を定めています。
 また,年度ごとの調達実績についても公表することになっています。 

 平成31年度笠岡市障害者就労施設等からの物品等調達推進方針 [PDFファイル/61KB] 


  平成25年度調達実績 [PDFファイル/33KB]
 平成26年度調達実績 [PDFファイル/33KB]
 平成27年度調達実績 [PDFファイル/36KB] 
 平成28年度調達実績 [PDFファイル/33KB]
 平成29年度調達実績 [PDFファイル/40KB]
 平成30年度調達実績 [PDFファイル/41KB]

その他

 笠岡市では,ふるさと納税の推進と本市の魅力や地元特産品等をPRするため,「ふるさと笠岡思民寄附(ふるさと納税)」をいただいたお礼として,かさおかブランド品を中心に「ふるさと記念品」を贈呈しています。
 その中で,1,500円の品については,障がい福祉サービス事業を行う施設で製造等されたものとしており,障がい者就労施設等からの優先的な調達を促進しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)