ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 協働のまちづくり課 > 国によるサポカー補助金のご案内

国によるサポカー補助金のご案内

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月14日更新 <外部リンク>

国によるサポカー補助金のご案内

「サポカー補助金」とは

 「サポカー補助金」とは,65歳以上の方に経済産業省による自家用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」及び国土交通省による事業用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進に係わる自動車事故対策費補助金」の総称です。
“安全運転サポート車の車両(新車・中古車)”購入補助と“後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置”導入補助の2種類の補助制度で構成されます。

65歳以上の方を対象に
(1)対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車(サポカー)
(2)後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置
の購入等を支援するものです。

補助の申し込みについて

 「サポカーの補助金」は,令和2年3月9日(月)から申請受付が開始され,令和2年も引き続き実施されています。
※申し込み方法等は補助事業者(一般社団法人 次世代自動車振興センター)のホームページを確認して下さい。
一般社団法人 次世代自動車振興センターホームページ<外部リンク>

補助の対象ついて

(1)車両購入補助事業
  令和2年度中に満65歳以上の方に(※1)次の装置を搭載した車両を購入する場合
 (1)対歩行者の衝突被害軽減ブレーキかつペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車両
    登録車 10万円
    軽自動車 7万円
    中古車 4万円


 (2)対歩行者の衝突被害軽減ブレーキのみを搭載する車両
    登録車 6万円
    軽自動車 3万円
    中古車 2万円
  (※1)事業用自動車については,令和2年度中に満65歳以上となる方を雇用する事業者。

 

(2)後付け装置導入補助事業
 令和2年度中に満65歳以上となる方(※2)に後付け装置を販売する者であって,「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた者(高齢運転者は,後付け装置の設置に要する費用から補助金分が控除された額を払うこととなります。)


障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進抑制装置等 4万円
ペダル踏み間違い急発進抑制装置等 2万円


(※)補助対象車両が中古車で,購入時に対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ搭載分の補助金2万円が支給されている場合,補助上限額は2万円
(※2)事業用自動車については,令和2年度中に満65歳以上となる方を雇用する事業者。

対象となる車種・グレードについて

サポカー補助金の対象となる車種・グレード等についてはこちら(自家用・新車)
※経済産業省の外部サイトに移動します。

経済産業省ホームページ(外部リンク)<外部リンク>
国土交通省ホームページ(外部リンク)<外部リンク>

ただ今審査状況には,コロナウイルス感染症に係る諸般の事情のため申請から交付まで現時点で最大3~4か月程度お待ち頂く可能性があります。