ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 建築基準法に関する条例・規則・取扱い基準等

建築基準法に関する条例・規則・取扱い基準等

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月2日更新 <外部リンク>

建築基準法に関する条例・規則・取扱い基準等

 

確認申請書等の様式

建築確認申請書等の様式ダウンロードは,こちらをご覧ください。

定期報告,道路位置指定,建設リサ イクル法,省エネ法,長期優良住宅法等の申請様式を掲載しています。

国土交通省令で規定されている様式については,笠岡市独自の変更はしていないので、そのままお使いください。

建築基準法に関する取扱い条例・規則・取扱い基準

手数料について

笠岡市確認申請等手数料(抜粋) [PDFファイル/92KB]

笠岡市建築物の計画変更の取扱基準<PDF>

低炭素建築物新築等計画認定の申請手数料 [PDFファイル/86KB]

性能向上計画認定(容積率特例)の申請手数料 [PDFファイル/71KB]

基準適合認定(表示認定)の申請手数料 [PDFファイル/102KB]

手数料の納付方法について

都市計画課で納入通知書を発行しますので、会計課窓口又は銀行等で振り込んでください。

申請書の提出部数について

申請書の必要部数 [PDFファイル/216KB]

申請の種別ごとに必要な書類の部数を掲載しています。

中間検査について

笠岡市では特定工程の指定はしていません。
法第7条の3第1項第1号の規定による階数が3以上であるRC造の共同住宅については,中間検査が必要です。

笠岡市建築基準法施行細則

笠岡市建築基準法施行細則 [PDFファイル/177KB]
 

笠岡市特定用途制限地域内における建築制限について

笠岡市特定用途制限地域内における建築物等の用途の制限に関する条例等は,こちらをご覧ください。

笠岡市建築基準法第43条第2項第1号認定・第2号許可基準について

笠岡市建築基準法第43条第2項第1号認定及び第2号許可基準 [PDFファイル/94KB]

認定・許可基準のイメージ図 [PDFファイル/346KB]

認定・許可基準添付図書一覧 [PDFファイル/68KB]

法第43条第2項第1号認定申請書 [Wordファイル/39KB]

法第43条第2項第2号許可申請書 [Wordファイル/47KB]

笠岡市道路の位置の指定申請の手引きについて

笠岡市道路の位置の指定申請の手引き [PDFファイル/1.18MB]

笠岡市特定建築物等定期報告について

笠岡市特定建築物等定期報告の手引き [PDFファイル/6.61MB]

報告対象の特定建築物及び報告時期は,こちらをご覧ください。

その他

笠岡市建築計画概要書等閲覧規定(告示) [PDFファイル/57KB]

建築主事設置告示<PDF>

建築物等の制限に関する条例【岡山県条例】について

笠岡市内の建築物については,岡山県の建築物等の制限に関する条例が適用されます。

主としてがけに近接する建築物(第3条),特殊建築物等の敷地と道路(第8条),自動車車庫の敷地と道路(第9条)の規定があります。なお,相談窓口は,笠岡市都市計画課

岡山県建築指導課ホームページ<外部リンク>

建築物等の制限に関する条例<外部リンク>

建築物等の制限に関する条例の解説<外部リンク>

がけの影響範囲の解説図<外部リンク>

がけ認定基準(条例第3条第2項第四号の認定基準)<外部リンク>

岡山県建築基準法運用基準

岡山県建築指導課ホームページ<外部リンク>

岡山県建築基準法等運用基準<外部リンク>

建設リサイクル法関係

対象建設工事に着手する7日前までに、届出書を都市計画課に提出してください。
審査後、ステッカーを交付しますので、現場に掲示する「建設業の許可票」または「解体工
事業登録票」の標識に貼付してから工事に着手してください。

対象建設工事

  • 建築物の解体工事床面積の合計が80平方メートル以上
  • 建築物の新築・増築工事床面積の合計が500平方メートル以上
  • 建築物の修繕・模様替等工事(リフォーム等)請負代金の額が1億円以上
  • 建築物以外の工作物の工事(土木工事等)請負代金の額が500万円以上

また、建て替えでなく、解体工事のみの場合は、建設リサイクル法の届出と同時に、建築基準法の建築物除却届を提出してください。

岡山県技術管理課ホームページ<外部リンク>

(詳しい解説を見ることができます。様式のダウンロードができます。)

省エネ法(建築物)関係

「300平方メートル以上の建築物の新築、増改築」をする場合、建築物省エネ法により、建築主は、工事を着手する日の21日前までに所管行政庁へ省エネ計画の届出が必要です。(基準適合義務の対象となる2,000平方メートル以上の非住宅建築物の新築等については届出は不要です。)

バリアフリー法(建築物)関係

  • 特定建築物を建築するときは、建築物移動等円滑化基準に適合するよう努めてください。
  • 床面積2,000平方メートル以上の特別特定建築物(公衆便所にあっては50平方メートル以上)を建築するときは、同基準に適合しないと建築確認の確認済証が交付されません。
  • 特定建築物の建築、修繕または模様替えをするとき、税制特例・融資制度の活用や建築確認の手続き簡素化のために、笠岡市の認定を受けることができます。

笠岡市建築物に係るバリアフリー法に関する事務取扱要領 [PDFファイル/65KB]

国土交通省バリアフリー・ユニバーサルデザインホームページ<外部リンク>

(詳しい解説を見ることができます。様式のダウンロードができます。)

岡山県福祉のまちづくり条例関係

特定生活関連施設を建築するときは、「特定生活関連施設新築等届出書」または「特定生活関連施設新築等協議書」を都市計画課に提出してください。整備基準に適合するように努めてください。

岡山県障害福祉課ホームページ<外部リンク>

(詳しい解説を見ることができます。様式のダウンロードができます。)

耐震改修促進法関係

  • 昭和56年5月以前に建築された建築物は、耐震診断・耐震改修など耐震化に努めてください。
  • 耐震改修工事を行うとき、融資制度の活用、建築基準の緩和、建築確認手続きの簡素化等のために、笠岡市の認定を受けることができます。

→笠岡市耐震改修促進計画

長期優良住宅関係

国土交通省ホームページ<外部リンク>

岡山県住宅課ホームページ<外部リンク>

一般社団法人住宅性能評価・表示協会ホームページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)