ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 建築に関する法令等

建築に関する法令等

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月17日更新 <外部リンク>

建築に関する法令等

平成22年4月1日から,建築基準法第4条第2項の規定に基づく特定行政庁として,建築に関する業務を笠岡市が行っています。

建物を新築,増築,改築,用途変更,除却などするときは,いろいろな手続きが定められています。必要な手続きを行ってから工事を行いましょう。

笠岡市内の建築設計用資料 [PDFファイル/177KB]

詳しいことは,笠岡市都市計画課建築指導係にお問い合わせください。



建築基準法に関する条例・規則・取扱い基準等は,こちらをご覧ください。

 (申請手数料,笠岡市建築基準法施行細則,特定用途制限地域,定期報告,法43条2項認定・許可等を掲載しています。)

建築確認申請書等の様式ダウンロードは,こちらをご覧ください。

 (定期報告,道路位置指定,建設リサ イクル法,省エネ法,長期優良住宅法等の申請様式を掲載しています。)

笠岡市建築審査会

 (建築審査会開催のお知らせ等を掲載しています。)

 

1 建築確認申請

建物を新築・増築等するときは,都市計画課又は民間の指定確認検査機関に「確認申請書(建築物)」を提出してください。

確認申請が必要な場合

◇都市計画区域内 : 原則としてすべて(10平方メートル未満の増築等を除く) 

  ※既存の建物の用途を変更する場合も,規模によっては,確認申請が必要になる場合があります。


◇都市計画区域外(島しょ部) : 次の(1)~(3)のいずれかの場合

 ※既存の建物の用途を変更する場合も,規模によっては,確認申請が必要になる場合があります。

(1)次のいずれかの木造建築物

  • 階数が3以上
  • 面積が500平方メートルを超えるもの
  • 高さが13mを超えるもの
  • 軒の高さが9mを超えるもの

(2)次のいずれかの非木造建築物(鉄骨造、鉄筋コンクリート造など)

  • 階数が2以上
  • 面積が200平方メートルを超えるもの

(3)集会所,病院診療所,旅館,共同住宅,学校,物販店舗,飲食店,倉庫,自動車車庫など特定の用途で,面積が200平方メートルを超えるもの

2 工事届・除却届

  • 上記の確認申請が不要なときでも,面積が10平方メートルを超える建物を建てるときには,事前に「建築工事届」を都市計画課に提出してください。
  • 何も建てずに,面積が10平方メートルを超える建物を取り壊すときは,事前に除却工事施工者が「建築物除却届」を都市計画課に提出してください。

3 その他

建物の用途,規模や行為の内容により,その他の手続きが必要な場合がありますので,詳しいことは都市計画課にお問い合わせください。

 

笠岡市では,平成22年6月1日から施行されている建築確認手続き等の運用改善を受け,建築確認審査の迅速化のための取組み等を内容とする「笠岡市建築確認手続き等円滑化推進計画書」を策定しています。

笠岡市建築確認手続き等円滑化推進計画書 [PDFファイル/735KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)