ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 建設管理課 > 「防災重点ため池」を再選定しました

「防災重点ため池」を再選定しました

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月1日更新 <外部リンク>

「防災重点ため池」を再選定しました!

令和元年5月に防災重点ため池の再選定を行いました。

再選定基準は・・・

(1) ため池から100m未満の浸水区域内に家屋,公共施設等があるもの

(2) ため池から100m以上500m未満の浸水区域内に家屋,公共施設等があり,かつ貯水量1,000m3以上のもの

(3) ため池から500m以上の浸水区域内に家屋,公共施設等がり,かつ貯水量が5000m3以上のもの

(4) 上記以外で,ため池の規模,構造,地形条件,家屋,公共施設等の位置関係,維持管理の状況,上流域の
 地域指定の状況,崩壊地の土質及び地形等から,都道府県又は市町村が特に必要と認めるもの

 上記4つの条件より再選定し,従前1か所から300か所に変更しております。

 内訳としましては,(1)181か所 (2)95か所 (3)19か所 (4)4か所となっております。


 再選定された防災重点ため池について,貯水量や堤高といった条件から,優先順位を決めて順次ハザードマップ
の作成を行います。

     防災重点ため池一覧表はこちら → 防災重点ため池一覧表 [PDFファイル/270KB]

     岡山ため池保全管理サポートセンターの概要はこちら → 概要 [PDFファイル/3.15MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)