ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 令和元年度 高齢者インフルエンザ予防接種について

令和元年度 高齢者インフルエンザ予防接種について

印刷用ページを表示する更新日:2019年11月29日更新 <外部リンク>

インフルエンザ予防接種について

  高齢者がインフルエンザにかかると、肺炎などを併発し、重症化することがあります。
  笠岡市では、予防接種法に基づき、高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種を令和元年10月1日より行いますので、接種を希望する方は、実施医療機関へ直接申し込んでください。

インフルエンザワクチンの効果

  接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに3週間程度かかり、その効果は約5ヵ月持続するといわれています。インフルエンザが流行する前の12月上旬までに接種を受けておくことが望まれます。

ワクチン接種の副反応

  • 予防接種の注射の跡が、赤みを帯びたり、熱をもったり、はれたり、痛んだりすることがあります。
    また、じんましんや熱が出たり、寒気がしたり、吐き気・嘔吐、頭痛、低血圧、全身のだるさ、けいれんがみられることもあります。
    しかし、どちらも通常2~3日のうちに治ります。
  • まれに接種後数日から2週間後に、発熱、頭痛、けいれんなどの症状が現れることがあります。

令和元年度ワクチン接種(公費助成)の期間

  • 令和元年10月1日(火)~令和2年1月31日(金)
  • ※医療機関によっては、開始日が遅くなる場合があります。

令和元年度公費助成の対象者

笠岡市民で、下記1または2に該当する方

1.満65歳以上の方

2.満60歳から64歳で、 心臓,腎臓または呼吸器の機能に障害があり身の回りの生活を極度に制限される方またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害があり日常生活がほとんど不可能な方

接種料金(自己負担額)

上記1または2のいずれかに該当する方が、笠岡市内及び岡山県内の医療機関で接種する場合、自己負担額1,500円で接種できます。

なお,期間中に1回のみの接種となります。

※県外の医療機関での接種については,公費助成の対象となりませんので,ご注意ください。

 

 生活保護を受けている方の接種料金

上記1または2のいずれかに該当する方で、生活保護を受けている方は、自己負担額免除(無料)で接種できます。

自己負担額免除で接種を希望される方は、接種を受ける前に、笠岡市健康推進課で、助成券の申請をしてください。この助成券を医療機関へお持ちになって、ワクチンを接種してください。

 

 接種場所

 笠岡市内の医療機関または,「岡山県相互乗り入れ制度」に加入している岡山県内医療機関(加入しているかどうかは各医療機関におたずねください。)

 ※岡山県外の医療機関で接種される場合は,予防接種依頼書が必要ですので,事前に健康推進課へご相談下さい。
  なお、岡山県外の医療機関で接種される場合は,助成の対象になりません。

予防接種に関する依頼書 [Wordファイル/34KB]

接種時に必要なもの

接種時は次のものを用意して、医療機関へ行ってください。

  1. 健康保険証
  2. 健康手帳

関連情報