ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 長寿支援課 > 【平成30年7月豪雨の被災者の皆さまへ】 被保険者証や現金がなくても介護サービスの利用ができます。

【平成30年7月豪雨の被災者の皆さまへ】 被保険者証や現金がなくても介護サービスの利用ができます。

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月18日更新 <外部リンク>

【平成30年7月豪雨の被災者の皆さまへ】 被保険者証や現金がなくても介護サービスの利用ができます。

 笠岡市の住民で介護保険サービスを利用している次の(1)~(5)のいずれかに該当する方は,介護サービス事業所等の窓口でその旨をご申告いただくことで,介護保険の利用料について支払いが不要となります(平成30年10月末まで)。なお,入所時の食費・居住費などはお支払いいただく必要があります。

(1) 住家の全半壊,全半焼,床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
  ※ 罹災証明書の提示は必要ありませんので,窓口で口頭で申告してください。
(2) 主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負われた方
(3) 主たる生計維持者の行方が不明である方
(4) 主たる生計維持者が業務を廃止,または休止された方
(5) 主たる生計維持者が失職し,現在収入がない方

※ この免除を受けるには,上記の(1)~(5)のいずれかに該当する必要があることから,介護サービス事業所にご申告いただいた内容について,後日,確認することがあります。
※ なお,被災者の皆さまは,保険証なしでも介護サービスを利用できます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)