ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護とは

印刷用ページを表示する更新日:2017年11月1日更新 <外部リンク>

 私たちは誰でも,病気になったり,失業したり,いろいろな事情で生活が苦しくなることがあります。
 生活保護は,このように困っている方の状況に応じて,健康で文化的な最低限度の生活ができるよう保障し,一日も早く自分の力で生活できるようお手伝いする制度です。

生活保護の要件等

  • 生活保護は世帯単位で行います。
  • 働ける人は,能力に応じて働き,自立のために努力しなければなりません。また,親,子供,兄弟姉妹や親戚からは,できるだけ援助を受けて下さい。
  • 生活に直接必要のない土地や家屋,自動車などの資産は,原則として保有は認められません。車の使用については,福祉事務所からの許可が出た場合を除いて,他人の車を含めて運転することはできません。

生活保護の種類

  1. 生活扶助    衣食など日常生活に必要な扶助
  2. 教育扶助    義務教育に必要な教材費・給食費などの扶助
  3. 住宅扶助    地代・家賃や住宅の維持のために必要な扶助
  4. 医療扶助    病気・けがの入院や治療に必要な扶助
  5. 介護扶助    介護のために必要な扶助
  6. 出産扶助    出産のために必要な扶助
  7. 生業扶助    事業を始めるとき、技能修得・就職に必要な扶助
  8. 葬祭扶助    葬祭のために必要な扶助

生活保護を受けるには

 保護は,申請によって行われます。生活にお困りの方は,社会福祉事務所にご相談ください。また,地区の民生委員もご相談に応じます。