ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 環境課 > 毒グモ:セアカゴケグモに注意

毒グモ:セアカゴケグモに注意

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月12日更新 <外部リンク>

セアカゴケグモにご注意ください!

 9月29日と30日に、福山市大門町にあるシャープの工場内でセアカゴケグモが見つかり、駆除されました。福山市内では9月上旬にも山陽自動車道福山サービスエリアで見つかっています。現時点で笠岡市内では確認されていませんが、注意をお願いします。

 セアカゴケグモは体長1cmくらい、全体に黒く、背に赤色の帯状の模様があります。メスが強い毒性を持っていますが、さわらない限りかまれることはありません。笠岡市内で見つけたら、すぐに笠岡市役所環境課へ連絡してください。また、万が一、咬まれたらすぐに医療機関に相談してください。

セアカゴケグモは外来生物法に基づく“特定外来生物”に指定されています

外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害の防止を目的に、外来生物法では特定外来生物を指定し、これらの生きた個体を持ち運んだり、飼育したりすることを禁止しています。

セアカゴケグモは人の生命または身体に関わる被害があることから、特定外来生物に指定されています。

和名:セアカゴケグモ

原産地:オーストラリア

特徴:成熟した雌の体長は、約0.7~1cm。全体が光沢のある黒色で、腹部の背面に目立った赤色の縦条がある。

セアカゴケグモ

セアカゴケグモの生息する場所

・日当たりの良い暖かい場所で、地面や人工物のあらゆる窪みや穴、裏側、隙間に営巣します。

(例)プランターの底、室外機の裏、庭に置いた靴の中など

・屋外に置かれていた傘、衣服、おもちゃ等に付着して、屋内に持ち込まれる可能性があります。

・セアカゴケグモに咬まれないように屋外で作業する場合は、軍手など手袋を着用してください。

セアカゴケグモを発見した場合

・セアカゴケグモを発見した場合は、笠岡市役所環境課にご連絡ください。

・発見しても、素手で捕まえたり、触らないように気をつけてください。

・駆除するには家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を用いるほか、熱湯をかける、靴で踏みつぶす等の物理的な方法でも構いません。

・一匹見つかれば周囲にも潜んでいる可能性があるので,よく確認するなど注意してください。

セアカゴケグモを拡散しないために・・・

・セアカゴケグモの国内での分布域を拡げないために、生息している地域からの引っ越しや貨物の運送のときなど、荷物や車に付着して運ばないようご注意ください。

咬まれたときの症状

・局所の疼痛、熱感、痒感、紅斑、硬結、区域リンパ節の腫張が生じます。

・通常は数時間から数日で症状は軽減しますが、時に脱力、頭痛、筋肉痛、不眠などの全身症状が数週間継続することがあります。

・重症例では、進行性の筋肉麻痺が生じます。

咬まれた場合は

・咬まれたときは、すみやかに医療機関にご相談ください。

・重症化した場合は抗毒素血清による治療が必要です。

・咬んだクモの種類がわかるように、できれば殺したクモを病院へ持って行ってください。

咬傷例

・セアカゴケグモは攻撃性はありませんが、触ると咬まれることがあります。

・日本での咬傷例は主に6~10月に報告されています。

・日本ではセアカゴケグモの咬傷例が報告されており、ほとんどが軽症ですが、重症化することもあります。

・日本ではセアカゴケグモの毒で死亡した例はありませんが、オーストラリアでは死者が出ています。(血清開発後の死亡例はありません。)

【参考】環境省パンフレット [PDFファイル/302KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)