ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権推進課 > 6月は『プライド月間』です

本文

6月は『プライド月間』です

ページID:0058432 更新日:2024年5月28日更新 印刷ページ表示

 6月は「プライド月間(Pride Month)」と呼ばれ、世界各地でLGBTQの権利や文化、ぱれーど
コミュニティへの支持を示す、さまざまなイベントやキャンペーンが
行われています。
 笠岡市は、お互いの多様性を認め合うことで、すべての人が個性と能力を十分に発揮し、自分らしく生きることができる社会を目指しています。

プライド月間とは

 プライド月間は、1969年、LGBTQがよく集まっていたニューヨークのバー「ストーンウォール・イン」にて、不当な踏み込み捜査を行なった警察が客と衝突した「ストーンウォール事件(ストーンウォールの反乱、ストーンウォール暴動)」がきっかけとされています。この事件以前にもLGBTQの人々による抵抗運動はありましたが、アメリカで初めて全国的に報道された抵抗運動となりました。
 1970年には、この「ストーンウォール事件」から1周年を記念して、ニューヨークでプライド・パレードが開催されました。この事件にちなんだパレードはアメリカ各地、さらには世界の様々な都市に広がりました。
 それから事件があった6月を「プライド月間」と呼ぶようになり、世界各地で性の多様性に関するイベントやキャンペーンが行われています。

LGBTQ/SOGI とは

 LGBTQやSOGI(ソギ、ソジ)という言葉を聞いたことがありますか?

 2020年には改正労働施策総合推進法が施行され、企業がSOGIハラ防止に取り組むことが義務づけられました。(中小企業は2022年4月施行)

性の多様性

社会には男性、女性の2つの性だけではなく様々な「性」があります。

それらの中には男性・女性のように明確に分けられるものだけではなく、その在り方は人によって様々です。

性別には色々な要素があり、主に4つの要素があると言われています。

(1)身体(からだ)の性 身体的な特徴や生物学的な性別のことをいいます。

(2)心の性(性自認) 自分の性別を自分でどう思うかをいいます。

(3)好きになる性(性的指向)    どんな性別の人を好きになるかをいいます。

(4)表現する性 着ている服や、仕草、言葉づかいなどのことをいいます。

各要素は様々で、また組合せも様々なので、一人ひとりの性のあり方は多様で、その広がりは虹のようにグラデーションであると表現されます。

LGBTQとは

LGBTQとは、次の人達のことをいいます。

L(レズビアン) 女性の同性愛者

G(ゲイ)     男性の同性愛者

B(バイセクシュアル) 男性と女性を好きになる人

T(トランスジェンダー) 身体の性と心の性が一致しない人

Q(クエスチョニング) 好きになる性(性的指向)や心の性(性自認)が定まってない人

また、その他の性の多様性に配慮してLGBTQ+と表現することもあります。

SOGIとは

一方「SOGI」(ソギ、ソジ)とは「性的指向(Sexual Orientation)」と「性自認(Gender Identity)」の頭文字をとった言葉で、LGBTが「誰」を好きになるのかということを指すのに対して、SOGIは「自分自身をどういう性だと認識しているのか」「どんな性別の人を好きになるのか」という状態を指します。

「SOGI」とはLGBTQの方々のことも含まれますし、男性として女性が好きな方、女性として男性が好きな方、私たちすべての人が含まれているという考え方です。

この言葉を使うことで性的なあり方の問題をすべての人が自分の問題として捉えることができます。

どんな性自認・性的指向の方であっても差別しない、されないという考え方を持つことが大切です。

関連リンク

笠岡市パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度
  笠岡市では、多様な生き方や価値観を認め合い、自分の生き方を自由に選択できる社会の実現を目指し、令和4年4月から「笠岡市パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度」を開始しました。

性的マイノリティのためのにじいろ電話・メール相談窓口
  自分の性別に違和感がある、親に自分のことを伝えたいなどの性に関わる悩みや困りごとについて相談できます。