ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 財政課 > 平成31年度入札参加資格審査申請(建設工事/測量・建設コンサルト:新規)

平成31年度入札参加資格審査申請(建設工事/測量・建設コンサルト:新規)

印刷用ページを表示する更新日:2018年12月5日更新 <外部リンク>

平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請における変更点について

 <解体工事の追加>

 平成30年度では改正建設業法の施行に伴い,解体工事業が追加されたことから,入札参加資格の審査申請対象業種として解体工事を追加します。また,同法の施行日(平成28年6月1日)時点で,「とび・土工工事業」の許可を受けて解体工事を施工していた建設業者については,「解体工事業」の許可を受けなくても解体工事を施工できることとされており,同法の経過措置期間中(平成31年5月末まで)に限り解体工事への入札参加資格審査申請を認めることとしています。

今回の申請では(平成31年6月より)この経過措置は終了となります。

   ※業者登録カードを変更しております。ご確認ください。

 

平成31年度 「建設工事」,「測量・建設コンサルタント等」競争入札参加申請  【新規登録】

笠岡市の入札参加資格を持たれていない方に対し,新規登録を受付ます。

平成31年度笠岡市競争入札参加資格審査申請書受付要項 (新規登録) [Wordファイル/83KB]

※現在登録されている方は有効期限が終了しますので,平成31年度は新規の受付となります。

受付期間

平成31年3月1日(金曜日)~3月29日(金曜日) (土・日・祝日を除く)

午前9時~午後3時 (正午~午後1時を除く)

 

受付場所

笠岡市役所総務部財政課(本庁舎3階)

 〒714-8601 岡山県笠岡市中央町1番地の1

 電話 0865-69-2125  Fax 0865-69-2190

 

提出書類について

 ※要項をご確認のうえ,ご提出ください。

 (1) 受付票(建設工事,測量・建設コンサルタント等) [Wordファイル/39KB]【笠岡市指定様式】

 (2) 業者登録カード [Excelファイル/52KB]【笠岡市指定様式】

    業者登録カード記入例 [Excelファイル/62KB]

 (3) 経営事項審査結果通知書(測量・建設コンサルタント等で登録される方は不要)

 (4) 税の完納証明書

   ・国税 

     納税証明書交付申請書(国税)  [PDFファイル/86KB]

   ・岡山県税

   ・笠岡市税 

     笠岡市証明交付申請書 [PDFファイル/261KB]

     笠岡市証明交付申請書記入例 [PDFファイル/206KB]

 (5) 社会保険料納入証明(申請)書(健康保険・厚生年金保険)

 (6)雇用保険料に滞納がないことの証明書 (所轄の労働局にて発行)

   ※(5)(6)の適用事務所でない場合

      雇用保険,健康保険及び厚生年金保険の届出義務がないことの申立書 [Wordファイル/27KB] 

 (7)専任技術者報告書 [Excelファイル/48KB] 【笠岡市指定様式】

 (8)配水管技能者等名簿 [Excelファイル/11KB] 【笠岡市指定様式】

     ※管工事の配水管布設工事を希望する場合のみ

 (9)使用印鑑届 [Wordファイル/32KB] 【笠岡市指定様式】

 (10)委任状 [Wordファイル/30KB]【笠岡市指定様式】

 (11)誓約書 [Excelファイル/43KB] 【笠岡市指定様式】


口座振込申出書 [Excelファイル/58KB](笠岡市に振込口座をお持ちでない方・変更がある方のみ)

有効期間

 平成31年6月1日~平成33年5月31日

※ただし,平成32年(2020年)3月に継続申請を行わなかった場合は,平成32年(2020年)6月1日以降の登録は失効となります。ご注意ください。

 

例規

 笠岡市建設工事請負契約指名競争入札参加資格及び指名基準規程

 笠岡市測量,建設コンサルタント業務等委託契約指名競争入札参加資格に関する規程

入札参加資格者の「準市内業者」の取り扱いについて

 平成23年度の入札参加資格申請より,本市内にある支店等を契約権限の受任先として登録を希望される場合について,別に書類の提出をお願いしています。

準市内業者取扱要領 [PDFファイル/273KB]

<提出書類>

 支店所在地等報告書 [Wordファイル/40KB]

 支店所在地調査に関する誓約書 [Wordファイル/25KB]

 支店の職員一覧表 [Wordファイル/55KB]

 営業所専任技術者報告書 [Wordファイル/53KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)