ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 北木西幼稚園日記2020

一覧


北木西幼稚園日記2020

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月30日更新 <外部リンク>

~水族館へレッツゴー♪~ 7月

 幼稚園のすぐそばには,瀬戸内海が広がっています。海をのぞくと,そこは自然の水族館です。

干潮時には,浜辺へカニや貝をとりにいくことができます。この日は,4年生にマテ貝堀りに連れて

行ってもらいました。

 小学生がいることで,幼稚園児だけではできない貴重な体験ができますね。お兄さんお姉さんに

憧れの気持ちをもったり,豊かな自然と触れ合ったりできました。

海1  海2

海3  海4

海5 

  魚のすばしこさやカニの動きのかわいらしさなど

  実際に見て!触れて!感動!

  図鑑で名前を調べるごとに,博士に一歩近づきます。

 

 

~ミミ君トンネルができたよ!~  6月

 北木西幼稚園には2名の子どもたちが生活をしています。そして,飼育しているうさぎの

「ミミ君」は,大切な友達で,毎日ミミ君に語りかけながら,飼育小屋の掃除をして

います。ある日,「ミミ君のおうちをピカピカにしたい!」という子どもたちの声から,くつろい

だり遊んだりできるようにと「ミミ君トンネル」を作ることになりました。

  金づちを使っての釘打ちは,初めドキドキしながら先生に手助けしてもらいました。だん

だん自分でできるようになり自信がついてきました。

 

うさぎ1  「トントンするのはおもしろいね。」

  「指を打たないように気をつけてね。」

  集中して一本一本の釘を丁寧に打ちました。

 

 

 

ウサギ2

  「私の顔」

  「僕の顔」

  「ミミ君もいるよ。」 

  ミミ君に楽しんでもらえるように,絵を描きました。

 

 

うさぎ3

   

   「よいしょ!よいしょ!」

   二人で力を合わせてトンネルを運びました。

 

 

 

 

うさぎ4  「やったー!ミミ君がトンネルに入ってくれたよ。」

  うさぎの世話を通して,思いやりの気持ちが育っています。

  トンエンルの完成までに2週間か かりましたが,ミミ君がトンネルの中に

  入ると,2人は 顔を見合わせてにっこり。笑顔の中には,2人で協力し,

  やり遂げた達成感 や満足感が満ちあふれていました。

 

~ やおやさんが開店しました! ~ (5月~7月)

  5月に夏野菜の苗を植え,日々の成長に関心をもちながら,毎日水やりをしました。

 6月には収穫し,おうちに持ち帰りました。自分で育てた野菜の味は,格別だったようです。

  こんなにおいしいのなら小学生にも味わってもらいたいという願いから,「やおやさん」を開

 店することにしました。

  準備物や売る方法などを話し合って,必要な物を子どもたちで作りました。

 当日は,小学生の1・2年生が買いに来てくれました。

 

野菜3 

  「見てみて!すごいでしょ!」

  と自慢できる立派な野菜です。

 

 

 

野菜1  

   「いらっしゃいませ!」 「おいしい野菜はいかがですか。」

   キャップをかぶり,かわいいやおやさんがスタンバイです。

 

 

  

野菜2   園長先生が,買いにきてくれました。

  「立派な野菜ができたね。」「すごいね。」と褒められ,嬉しそうな

  子どもたち。

   小学校のお兄さんお姉さんともやりとりを楽しみました。

   本物さながらのやおやさんは,大盛況でした!