ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 観光情報 > 目的で探す > 遊ぶ・体験 > カブトガニ博物館 > カブトガニの産卵は命がけ!?(7月26日)

カブトガニの産卵は命がけ!?(7月26日)

印刷用ページを表示する更新日:2015年7月27日更新 <外部リンク>

カブトガニの産卵は命がけ!?

カブトガニ博物館では、海とつながっていて潮の満ち引きがある「産卵池」という所でカブトガニに産卵させています。

そして、その卵をふ化させて、幼生をカブトガニ博物館で育てて放流しています。

↓産卵池↓
産卵池

夏の間に卵を産ませるため、現在(平成27年7月26日)もカブトガニのつがいを放しています。

産卵した痕跡もあり、卵も順調に成長しています♪

そんなある日、産卵池を見てみると...

産卵池をよ~く見ると...

砂地の中央あたりに見える白いもの、分かりますか?

拡大すると...

拡大します

干上がってしまったカブトガニのつがいの姿が!

前にいるのがメスで、後ろにいるのがオスです。

衝撃を受けるカブニくん

と、思うかもしれませんが、決して死んでいるわけではありませんのでご安心を!

潮が引いたときに海側に帰りそびれたのでしょう。

エラに水分がある限りは陸に上がっても呼吸ができるので大丈夫なのですが、体についた泥が白く乾燥していて我々のイメージするカブトガニとは少し違うように見えます。

↓真っ白になってしまったオス。もはやアートのように見えます↓
アートと化したカブトガニ

このまま次の潮が満ちてくればまた活動しだしますが、かわいそうなので海の中に帰しました。

何くわぬ顔で平然と海底を駆けているところを見ると、どうやら心配はなさそうでした。

以上、時に思わぬ状況に陥るカブトガニの産卵でした。

カブニくん