トップページ > 組織で探す > 市民課 > 子ども医療費公費負担制度

子ども医療費公費負担制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

子ども医療費公費負担制度のご案内

受給資格者が医療機関等で診療を受けた場合、保険給付の対象となる医療費の一部負担金に相当する額を助成します。

受給対象者

笠岡市に住民登録のある中学3年生までの子ども

助成の内容

保険給付の対象となる医療費の一部負担金に相当する額(入院・外来ともに助成)

ただし、予防接種・入院時の食事代等は、助成の対象外です。
なお、高額療養費または附加給付金が支給される場合は、それを控除した額を助成します。

受給資格者証の申請について

お子様の健康保険証と印かんをお持ちのうえ、笠岡市役所市民課国保年金係または各出張所へ申請してください。

受給の方法

1 岡山県内の医療機関等で受診する場合

受給資格者証と健康保険証を医療機関等の窓口に提示して受診してください。
一部負担金が現物給付(窓口での支払いなし)となります(ただし、予防接種などの自費分等は支払いが必要です)。
受給資格者証を医療機関等の窓口に提示しなかった場合は、現物給付となりません。この場合は、次の「2」の方法で申請してください。

2 県外の医療機関等で受診する場合

医療機関等の窓口で一部負担金を支払った後、子ども医療療費給付申請書に医療機関等から受領した領収書を添えて、市民課国保年金係へ提出してください。なお、確認のため、健康保険被保険者証・印鑑・通帳をお持ちください。
また、高額療養費や附加給付金が支給される場合は、ご加入の健康保険の保険者から発行された支給決定通知書も提出してください(国民健康保険加入者を除く)。

注意事項

  • 上記「2」の方法で申請できる期間は、診療月の翌月1日から5年間です。(例:平成27年4月診療分の申請期限は、平成32年4月末日です。
  • 子ども医療費受給資格者証の記載事項や加入する健康保険に変更があったときは、すみやかにその旨を市民課国保年金係へ届け出てください。
  • 転出などにより受給資格を喪失したときは、すみやかに受給資格者証を市民課に返還してください。
  • 受給資格を喪失しているのに助成を受けた場合、助成した医療費を返還していただきます。

様式・記入例

子ども医療費受給資格者証交付申請書(PDF形式)

医療費給付申請書(PDF形式)

医療費給付申請書(記入例)(PDF形式)

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。

Acrobat Reader
(ダウンロード)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)