ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 秘書課 > 笠岡市長の新型コロナウイルスの感染について

笠岡市長の新型コロナウイルスの感染について

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月24日更新 <外部リンク>
令和4年11月23日(水曜日),小林嘉文市長が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので,次のとおりお知らせします。

1 感染者

笠岡市長 小林嘉文(62歳)

2 経過・症状

11月21日(月曜日) 通常公務
11月22日(火曜日) 通常公務
11月23日(水曜日) 公務なし
※本人に症状はありませんが,22日(火曜日)に発熱した家族が,23日(水曜日)朝に自宅で抗原検査を受検し陽性が確認されたため,市長が市内医療機関でニア法による検査を受検したところ,陽性が確認されました。

3 対応

・経過観察をしながら11月28日(月曜日)まで自宅でテレワーク等により執務を実施
・症状がなければ,11月29日(火曜日)に登庁による公務復帰

4 ワクチン接種の状況

11月12日(土曜日)に5回目を接種済み

5 市長コメント

このたび新型コロナウイルス感染症の陽性が判明しました。マスクの着用や手指消毒等の感染防止対策を行い現在のところ症状は全くありませんが,感染することとなり,市民の皆さんにご心配をおかけいたします。自宅待機期間中もテレワーク等により市政運営,市民サービスに支障を来すことのないよう取り組んでまいります。

6 その他

11月21日(月曜日)と22日(火曜日)に市長と面談された方で体調不良を感じた方は,秘書課にご連絡いただくか,最寄りのかかりつけ病院・クリニックにご相談ください。