ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

議長・副議長紹介

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月6日更新 <外部リンク>

議長と副議長は,議員の中から議会の選挙により選ばれます。

 議長は,笠岡市議会の代表者として,市議会が円滑に運営されるよう議事の整理をするとともに,
議場の秩序を保ちます。また,市議会の様々な事務を監督し,とりまとめるのも議長の仕事です。
 そして,二元代表制の一翼を担う議会の代表者として,市長と共に各種の会議や公式行事に出席したり,
他の機関と協議する仕事もあります。 
 副議長は,議長が欠けたとき,病気や出張などで不在のときに,議長の代わりを務めます。                                                                            

 笠岡市議会では平成30年5月臨時会(平成30年5月17日)に正副議長選挙が行われ,
第44代議長に栗尾順三議員,第59代副議長に大月隆司議員が選出されました。

正副議長
議長副議長

議長 栗尾 順三

副議長 大月 隆司

(議長あいさつ)

 引き続き,市民の皆様に開かれ,信頼される議会,議会の見える化,そして積極的な情報発信に努めるとともに,市の執行部とは,是々非々で議論してまいります。

 また,次期改選に向けて,懸案事項となっている適正な議員数を決定し,議員の身分の確保についても,着実に結果を出していきたいと考えています。

 

(副議長あいさつ)

 地方分権の進展に伴い,地方公共団体の権限は拡大し,自治体自らの責任において決定することが増加する中,議会の担う役割や責任も大きくなっています。

 議会改革を更に推進することで,その役割,責任を果たすとともに,市民の皆様の多様な意見を的確に把握し,市民福祉の向上に努めます。

 議長を補佐し,市民に見える議会の推進を図ってまいります。

笠岡市議会歴代議長・副議長一覧 [PDFファイル/50KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)