トップページ > 組織で探す > 定住促進センター > 新婚世帯家賃助成金交付事業

新婚世帯家賃助成金交付事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

新婚世帯家賃助成金交付事業

新婚世帯に対する家賃補助制度を実施します。
助成金は月額1万円を上限に最大24か月間,笠岡市内共通商品券で助成します。
助成対象者の主な条件は次のとおりです。

※平成27年4月1日から 要綱,申請書様式が一部改正となりました。

【助成対象者】(主な条件)

1.平成26年4月1日以降に婚姻した世帯であること。
2.婚姻日現在,夫婦の合計年齢が70歳以下,かつ夫婦のいずれかの年齢が39歳以下であること。
3.市内の賃貸住宅を賃貸借契約し,かつ,現にその住所を居住の本拠地として夫婦ともに同一世帯として入居していること。
4.夫婦のいずれか一方が住宅の賃貸借契約の名義人となり、賃貸住宅の家賃を支払っていること。
5.住宅手当等を引いた実質家賃負担額が30,000円を超えていること。
6.夫婦のいずれもが家賃及び市税等を滞納していないこと。
7.夫婦ともに市内に定住する意思を持って入居していること。
8.婚姻の届出の日から1年以内の申請であること。
9.市営住宅,社宅(借上住宅を含む。)3親等以内の親族から借りた住宅ではないこと。

 

【助成額】

 最高240,000円(最高月額10,000円)

   

1.助成金は,笠岡商工会議所が発行する笠岡市内共通商品券で最長24か月助成します。
2.家賃(共益費及び管理費含む)の月額で駐車場使用料等の住居以外の費用を含む場合は,賃貸住居以外に係る費用  
を除いた額とします。
3.月額助成金額は実質家賃負担額から30,000円を控除した額(1,000円未満の端数は切捨て)とし上限月額10,000円とします。
4.助成金は,申請のあった当月分から1年度の3月分までを一括で支払います。

※申請年度内にその賃貸住宅から引越しをした場合は対象にならない場合があります。

新婚世帯家賃助成金交付事業要綱 [Wordファイル/22KB]

認定申請 [Wordファイル] 

交付申請 [Wordファイル]

異動届 [Wordファイル]