トップページ > 組織で探す > 定住促進センター > 固定資産税相当額一部助成金

固定資産税相当額一部助成金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月1日更新

固定資産税相当額一部助成金について

笠岡市では、定住を促進するための施策として「固定資産税相当額一部助成金」交付制度を実施しています。
「固定資産税相当額一部助成金」の交付を受けるにあたっては、台所、便所、浴室及び居室を有し、利用上独立した住宅(併用住宅の場合は、延べ床面積の2分の1以上を住宅の用に供していること)を市内に取得(新築、購入)した人で、次の要件をすべて満たすことが必要です。

※平成32年1月1日までの住宅取得となりました。
※申請
様式が一部改正となっております。

助成対象者

  1. 笠岡市に10年以上定住することを誓約する人
  2. 市税等の滞納がない人
  3. 平成25年4月1日から平成32年1月1日に笠岡市内へ新たに住宅を取得し、
    取得した住宅が平成26年度から平成32年度の間に新たに固定資産税の賦課を受ける対象となった人及び共有名義人
  4. 新たに取得した住宅を生活の本拠地としている人
  5. 「笠岡市住宅新築助成金」の交付を受けていない人
    ※固定資産税相当額一部助成金の交付を受けようとする人は、住宅新築助成金の交付を受けることができません。

助成額

新たに取得した住宅に係る固定資産税の額の2分の1に相当する金額
※3年度を限度とします。
※ただし、10年未満で取得した住宅を取り壊し、貸与または売却したとき及び転居、転出した場合等は助成金の返還を命じる場合があります。

固定資産税相当額一部助成金要綱  [PDFファイル]

【交付申請】様式  [Wordファイル]

※添付書類の住民票請求について

  住民票の写し等請求書 [PDFファイル]

※2年目以降の申請には、住民票・定住誓約書(印鑑登録証明書)は省略できます。

住民票の写し等請求書(記入例) [Excelファイル] [Excelファイル/194KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)