ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 水道課 > 指定給水装置工事事業者制度に更新制が導入されます

指定給水装置工事事業者制度に更新制が導入されます

印刷用ページを表示する更新日:2019年9月24日更新 <外部リンク>

指定給水装置工事事業者制度に更新制が導入されます

 令和元年10月1日に水道法の一部を改正する法律が施行されることに伴い,これまでの制度における課題の解消及び指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を図ることを目的に,指定の有効期間が新たに定められ,5年ごとの更新制が導入されます。

 

 指定給水装置工事事業者の更新制について [PDFファイル/133KB]

 

更新申請時に必要な書類及び持参するもの

 (1)様式第1(指定給水装置工事事業者指定申請書) [Wordファイル/16KB]

 (2)様式第2(誓約書) [Wordファイル/15KB]

 (3)機械器具調書 [Wordファイル/29KB]

   ※機械器具のわかる写真を添付してください

 (4)定款及び登記事項証明書(法人)又は住民票の写し(個人)

   ※定款は余白に原本証明をお願いします

 (5)給水装置工事主任技術者免状番号を確認できるもの(免状又は技術者証の原本もしくは写し)

 (6)指定給水装置工事事業者指定更新時確認書 [Wordファイル/28KB]

 (7)発行済みの事業者証

 (8)更新手数料 10,000円

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)