ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 笠岡市住宅リフォーム助成金制度

笠岡市住宅リフォーム助成金制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月2日更新 <外部リンク>

住宅リフォーム助成金制度のお知らせ

市民の住環境の向上および地域経済の活性化を図るため,市内の建築業者等を利用して住宅のリフォームを行う

場合に,その経費の一部を予算の範囲内で助成します。

 

対 象 者

(1)市内に住民登録がある人(対象工事終了までに)

(2)市税などの滞納がない

(3)暴力団員もしくはその構成員でない

対象住宅(市内の住宅)

(1)対象者が所有するまたは所有者がリフォームすることに承諾しているものであり,自己の居住用にしているまたは
    予定である。

(2)対象者の専有部分(集合住宅)

(3)対象者の居住部分(併用住宅)

※公営住宅(県営・市営等)は,対象外

対象工事(他の助成等を受けているものは対象外)

(1)対象工事の施工業者が,市内に本社,本店を有する業者。(個人事業者を含む)

(2)対象工事に要する経費(消費税および地方消費税を含む)が20万円以上。

(3)助成金交付決定通知書受理後に対象工事に着手。

※自然災害,火災等特別な理由があり市長が適当と認めたときは,交付決定前に工事着手した場合でも助成対象となります。

《対象工事とはならない例》

・併用住宅のうち,店舗,事務所部分の改修,増築

・電気製品(エアコン,テレビ,照明器具等)の購入

・住宅と別棟の車庫,物置の設置

・渡り廊下で住宅とつながる棟の増築

・門,塀ほかの外構工事

・ウッドデッキ,パーゴラの設置

・広告,看板の設置

申請必要書類

(1)見積書の写し(助成対象工事の内容を確認できる)

(2)助成対象工事を予定している箇所の写真および図面

(3)市税等の完納証明書(市役所税務課窓口にて証明・指定用紙有)

(4)住宅の所有者を特定できる書類(固定資産評価証明書または登記事項証明書)

(5)返信用長3封筒2通(82円切手を貼付して申請者の氏名・住所を記載したもの)

※(3),(4)については,市税等の納付状況調査に同意することにより替えることができる。

《該当者のみ必要な書類》

(1)賃貸借契約による自己の居住用住宅では所有者の同意書

(2)建築基準法第6条の2の規定による確認済証の写し(同法の規定により建築物の建築等に関する申請および確認が
  必要なリフォーム工事に限る)

(3)その他市長が必要と認める書類(市外の人が本市へ住所登録・居住することを確約する届等)

※必要があれば,現地調査を実施します。

※助成金交付申請書等は,こちら(住宅リフォーム助成金制度様式ダウンロード)

工事後の手続き

助成事業実績報告書を必要書類とともに,年度の末日までに都市計画課へ提出。

《必要書類》

(1)助成対象工事施工内容が分かる請求明細書の写し

(2)領収書(工事代金)の写し

(3)助成対象工事を実施した箇所の工事着手前・完了後の写真 (黒板等に助成金交付番号および撮影日を入れて撮った
  もの)

※助成事業実績報告書を確認後,助成金確定通知書を送付しますので,到着後住宅リフォーム助成金支払請求書を都市計画 課へ提出してください。

その他

助成金交付決定後の交付金の増額変更はできません。交付申請書を提出する前に,工事内容を十分ご検討ください。

笠岡市住宅リフォーム助成金交付要領 [PDFファイル/127KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)