ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 都市計画マスタープラン

都市計画マスタープラン

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月1日更新 <外部リンク>

都市計画マスタープラン

現況調査や市民意見の反映、笠岡市土地利用調整基本計画等策定委員会、笠岡市都市計画審議会での検討をへて、平成27年4月に計画を見直しました。

「すむ」・「はたらく」・「たのしむ」まち~生活元気都市かさおか~

市民の皆さんが、自分たちのまちに誇りと愛着を持ちながら住み、働くことのできるまち、また、買い物やレクリエーションを楽しむことができ、人々が交流を生み出す拠点としての魅力をもったまち。このようなまちを皆さんと一体となって力を合わせて作りあげていきます。
これを実現させるために、大きな目標として、次の3つを掲げました。

快適生活環境都市~安心して暮らせる快適で魅力のあるまち~

安全、安心、快適な住環境の整備、美しく笠岡らしい個性ある景観の創出、都市防災・バリアフリーに配慮したまちづくりを進めます。

環境文化交流都市~豊かな自然環境が守られたうるおいのあるまち~

貴重で良好な地域の自然環境の保全と活用、農業資源を活かした地域の活性化、環境と共生するまちづくりを進めます。

井笠地域の中核拠点都市~にぎわいと活力のあるまち~

都市拠点としての魅力の向上、地域産業育成のための基盤整備、地域の活力を支える交通基盤の整備を進めます。

人と自然・都市と農村が共存する共生型土地利用

今回の計画の特色として、従来の開発と保全に区分する土地利用のあり方にとらわれない、笠岡らしさを活かした新しい土地利用形態として「共生型土地利用」を設定しました。
これは、全体として人口定着や地域の活性化等に資することを目指したもので、緩やかな土地利用規制により、周辺環境に配慮しつつ住宅や生活利便施設等の誘導を図るものです。
特に主要幹線道路を中心とした区域を「環境共生エリア」として市外からの新たな定住希望者や住み替え需要に対応していきます。

五地域別のまちづくり構想

北部・西部・中部・南部・島地部の五地域別の将来像・目標・整備方針については、ワークショップの中で市民のみなさんとともに考え、地域の特色やアイディアを活かしながら、きめ細かい計画を策定しました。

土地利用方針図

 土地利用

 都市計画マスタープランは以下の構成となっています。

第1編はじめに
  • 第1章策定の目的
  • 第2章計画の役割と位置づけ
  • 第3章目標年次
  • 第4章対象地域
第2編笠岡市の現況と課題
  • 第1章広域的な位置づけ
  • 第2章まちづくりの課題
第3編全体構想
  • 第1章まちづくりの理念・基本方針
  • 第2章将来都市構造
  • 第3章分野別方針
    (土地利用方針)
    (都市施設整備方針)
    (市街地整備方針・住環境整備方針)
    (自然環境保全方針・都市環境形成方針)
    (景観形成方針)
    (都市防災方針)
    (バリアフリー等整備方針)
第4編地域別構想
  • 第1章地域区分
  • 第2章地域別構想
    (北部地域)
    (西部地域)
    (中部地域)
    (南部地域)
    (島地部地域)
第5編「生活元気都市かさおか」の実現に向けて
  • 第1章協働のまちづくり
  • 第2章実現に向けた今後の課題

本編 [PDFファイル/15.52MB]

概要版 [PDFファイル/2.72MB]

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。

Acrobat Reader
(ダウンロード)
<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)