ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 被災住宅の応急修理制度について(7/25受付開始)

被災住宅の応急修理制度について(7/25受付開始)

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月25日更新 <外部リンク>

被災住宅の応急修理制度について

被災住宅の応急修理制度について

被災した住宅の日常生活に必要欠くことのできない部分の修理を市町村が実施する制度です。制度の利用を希望される方は,笠岡市建設部都市計画課(0865-69-2141)まで御相談ください。

 なお,この制度は被災住宅を応急修理するためのものですので,家財等の購入には活用できません。

 対象者

罹災区分

要件等

大規模半壊

半壊

自らの資力では応急修理をすることができない方は対象となります。

 

  ※全壊の住宅は,修理を行えない程度の被害を受けた住家であるため,住宅の応急修理の対象とはなりません

  が,全壊の場合でも,応急修理を実施することにより居住が可能となる場合は対象となります。

  ※一部損壊の世帯は対象となりません。

  ※現に応急仮設住宅(みなし仮設住宅)に入居されている方の申請はできません。

  ※応急仮設住宅(みなし仮設住宅)制度との併用はできません。

  ※修理前・修理中・修理後の写真が必要となります。

 基準額

    一世帯あたりの限度額は584,000円です。

   (同一住家に2以上の世帯が居住している場合,一世帯のみが対象となります。)

 応急修理の範囲

    住宅の応急修理の対象範囲は,屋根等の基本部分,ドア等の開口部,上下水道等の配管・配線,トイレ等の衛生

  設備の日常業務に必要欠くことのできない部分であって,緊急に応急修理を行うことが適当な箇所。
 
       ※ 西日本豪雨の被害と直接関係ある修理のみが対象となります。

       ※ 内装に関するものは原則として対象になりません。(例外あり)   

 受付期間

   平成30年7月25日(水曜日)から

 工事完了期限

   具体的期日は,今後,申込状況や工事の進捗状況に応じて別途設定します。

様式はこちら

   平成30年7月豪雨における被災住宅の実施要領 [Wordファイル/17KB]

   住宅の応急修理にかかる工事例 [PDFファイル/56KB]

   様式1号 応急修理申込書 [Wordファイル/24KB]

   様式2号 申出書 [Wordファイル/21KB]

   工事の施工業者の方へ1 [PDFファイル/83KB]

   工事の施工業者の方へ2 [PDFファイル/107KB]

   様式4号 修理見積書 [Excelファイル/53KB]

   様式6号 取下げ書 [Wordファイル/18KB]

   様式7号 工事完了報告書 [Wordファイル/15KB]

   様式8号 住宅の応急修理指定業者願書 [Wordファイル/19KB]

   応急修理登録組合員名簿(訂正)7月23日提出 [Excelファイル/185KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)