ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不妊治療支援事業

印刷用ページを表示する更新日:2016年4月24日更新 <外部リンク>

一般不妊治療支援事業

 笠岡市では、平成27年4月1日より、従来から実施している体外受精及び顕微授精に対する治療費補助に加えて、新たに一般不妊治療について、その治療費の一部を助成することになりました。これにより、不妊治療の初期段階からの支援が可能となり、不妊治療を受けている御夫婦に対し、すべての段階で切れ目のない支援が可能となりました。

補助金額

 一般不妊治療に要した費用の2分の1以内の額(千円未満切り捨て)とし、1年度当たり5万円を上限とします。また補助対象とする一般不妊治療の回数は、一対象者に対し3回限りとし、補助金の額も一対象者15万円が限度となります。

対象者

補助金を受けることができる対象者は、次の条件にすべて該当する人です。

1.   夫婦のどちらかが補助金の交付申請の日において、笠岡市に1年以上住所を有し、医療機関において不妊症と診断され、治療の必要があると認められること。

2.   補助金の交付申請の日において、対象者及び世帯員に市税の滞納がないこと。

3.   補助金の交付を受けようとする一般不妊治療に要する費用について、他の地方公共団体から補助金の交付を受けていないこと。

対象医療

タイミング法や人工授精をはじめとする一般不妊治療(体外受精及び顕微授精を目的とした薬物療法及び手術療法を除く治療)

※ただし、次の治療法は対象となりません。

1.   夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療

2.   夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入し、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの

3.   夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの

申請時期

この治療にかかる医療費の支払いが終了した日の属する年度の末日(3月31日)までに下記により申請書類を提出してください。

申請方法

補助金の交付を受けようとする人は、次の書類を提出してください。

1.   笠岡市一般不妊治療支援事業補助金交付申請書

2.   一般不妊治療支援事業受診証明書

3.   一般不妊治療支援事業補助金請求書

    ※医療機関の発行する領収書は必要ありません。

※上記1~3の様式は、一般不妊治療交付申請書様式 [Wordファイル/136KB]から一括ダウンロードできます。

特定不妊治療支援事業

 笠岡市不妊治療支援事業は、不妊症のため子どもがほしくても持つことができない御夫婦に対し、不妊治療のうち医療保険が適用されず、治療費が高額である体外受精及び顕微授精について、その医療費の一部を助成することにより経済的負担の軽減を図ることを目的としています。(平成27年4月1日より一般不妊治療についても費用の一部を助成することとしたため,「笠岡市不妊治療支援事業」から名称変更しました。このため,すでに「笠岡市不妊治療支援事業」により助成を受けたことがある方は,両事業を合わせて6回までしか受けられません。)

補助金額

 補助金は、治療費等の2分の1以内の額となっています(千円未満切り捨て)。ただし、体外受精または顕微授精1回当たり15万円を限度とします。また、岡山県不妊治療支援事業<外部リンク>により助成を受ける場合は、治療費等から県の助成額を控除した額を治療費等とすることになります。補助対象とする体外受精または顕微授精の回数は、年度を問わず一対象者に対し6回限りとし、補助金の額も一対象者90万円が限度となります。

対象者

補助金を受けることができる対象者は、次の条件にすべて該当する人です。

  1. 夫婦のどちらかの人が補助金の交付申請の日において、笠岡市に1年以上住んでいること。
  2. 補助金の交付申請の日において、対象者及び世帯員に市税の滞納がないこと。

対象医療

体外受精・顕微授精

※ただし、次の治療法は対象となりません。

  1. 夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療
  2. 夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入し、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの
  3. 夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの

申請時期

この治療にかかる医療費の支払いが終了した日の属する年度の末日(3月31日)までに下記によr申請書類を提出してください。

年度末に申請が集中する傾向にありますが,受診証明はあらかじめ医療機関で貰っておいてください。期限を過ぎると補助金の交付を受けられません。

申請方法

補助金の交付を受けようとする人は、次の書類を提出してください。

  1. 笠岡市特定不妊治療支援事業補助金交付申請書
  2. 特定不妊治療支援事業受診証明書
    岡山県の助成<外部リンク>を受ける場合は、県の交付決定通知書(コピー)が必要です。
  3. 特定不妊治療支援事業補助金請求書

    ※医療機関の発行する領収書は必要ありません。

※上記1~4の様式は、特定不妊治療交付申請書様式 [Wordファイル/130KB]から一括ダウンロードできます。