ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 3月は,自殺対策強化月間です

3月は,自殺対策強化月間です

印刷用ページを表示する更新日:2019年3月1日更新 <外部リンク>

3月は,自殺対策強化月間です

 自殺対策基本法において,月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定め,支援策および啓発事業を実施しています。

 わが国の自殺者数は,平成10年以降3万人を超えて推移していましたが,平成29年は21,321人となり,平成22年以降8年連続の減少となっています。(警察庁速報値より,平成30年は20,598人)

 年代別に見ると,20代以上の全年代が減少した一方,19歳以下だけが増加しています。自殺者数の多い年代は,40~50代という現状です。

自殺者数の年次推移

 社会が多様化する中で,地域生活の現場で起きている問題は,複雑化・複合化しています。原因はひとつだけでなく,健康問題や勤務問題,学校問題,経済・生活問題など,様々な問題が複雑に連鎖する中で,心理的に追い込まれた末の死といわれています。

 最も多い原因としては健康問題(特にうつ病)です。うつ病は,「気の持ちよう」や「弱さ」からくるものではなく,様々なストレスによって,脳内の神経伝達物質のバランスが崩れるために起こると考えられ,誰もがかかりうる,身近な病気です。早いうちにサインをみつけ,適切な治療を受けることが回復への近道につながります。また,周囲の人が様子の変化に気づいてあげることも大切です。ひとりで悩まず,まずはご相談ください。

自殺行動の原因および背景

【こころの相談先・受診先】

相談先一覧

  備中保健所井笠支所 井笠地域自殺対策連絡協議会 「相談窓口ハンドブック」より

【普及・啓発】

  自殺予防の特集コーナー 紹介 [PDFファイル/214KB]

  【関連リンク先】

 ◎厚生労働省の自殺対策強化月間(3月)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)