トップページ > 組織で探す > 経済観光活性課 > 笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月30日更新

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金について

 笠岡市では,市内の中小企業の振興を図るため,市内に事業所を有する中小企業者が実施する人材育成事業を応援しています。
 平成27年度から平成31年度までの期間限定の補助金です。

注)市からの補助金交付決定通知を受けた後に事業に着手して下さい。事前着手された場合は,補助金が交付されませんのでご注意下さい。

◇補助対象者

 役員及び従業員に対して経営課題や技術課題を解決する能力の向上等を図るための人材育成事業を行う者で,次のいずれにも該当する者
(1) 中小企業者で市内に事業所を有する者
(2) 市税を滞納していない者
(3) 暴力団員及び暴力団員等でない者

◇補助対象事業

(1) 中小企業大学校等派遣事業
ア 中小企業大学校
イ 岡山県産業振興財団
ウ 中国職業能力開発大学校
エ 岡山県職業能力開発協会
(2) 研修会等開催事業(補助対象者が研修会,講習会等を実施すること)
ただし,国等の他の補助制度の対象となるものは除きます。

◇補助対象経費(税抜き)

(1) 中小企業大学校等派遣事業
ア 研修を受けるための受講料,教材費,旅費及び宿泊費
イ その他市長が必要と認める経費
(2) 研修会等開催事業
ア 研修会等を実施するための会場借上料
イ 研修会等を招聘する講師の謝金,旅費及び宿泊費
ウ その他市長が必要と認める経費

※補助対象になる受講料,旅費及び宿泊費の詳細

受講に要する次の経費が補助対象です。
(当該費用は,消費税を抜いた額が対象となります。)

(1) 受講料
受講する際に要する経費(ただし,飲食代・懇親会費等が含まれている場合は,当該費用相当を除いた部分とします。)

(2) 旅費及び宿泊費
受講に伴う移動・宿泊に要する経費
社内規定に準拠若しくは実費により支給します。

なお,経費の算出にあたり,1円未満は切り捨てることとします。

【留意点】
 ・公共交通機関を利用してください。
 ・公共交通機関を用いた場合は,最も経済的及び合理的な経路により算出された実費となります。(グリーン車,ビジネスクラス等の特別に付加された料金は補助対象となりません。)
 ・車による移動の場合,ガソリン代は補助対象外とします。(高速道路料金,駐車場代については,実際に要した経費等が確認できる場合に限り補助対象とします。)
 ・タクシーの利用は原則認められません。
 ・宿泊費については,宿泊をしなければ受講に影響がでる場合や移動した場合よりも宿泊した方が安価になる場合など,合理的に説明ができる場合に限り補助対象とします。

なお,宿泊費の上限は下表に示すとおりとします。

宿泊費の上限
宿泊費10,900円9,800円
地域区分

東京都特別区,さいたま市,千葉市,横浜市,川崎市,相模原市,名古屋市,京都市,大阪市,堺市,神戸市,広島市,福岡市

左記以外

◇補助金額

(1) 中小企業大学校等派遣事業及び研修会等開催事業を利用する場合
補助対象経費の2分の1以内(千円未満の端数切捨て。また,一年度につき30万円を補助限度額とします。)
(2) 中小企業大学校等派遣事業または研修会等開催事業の一方の事業を利用する場合
補助対象経費の2分の1以内(千円未満の端数切捨て。また,一年度につき20万円を補助限度額とします。)

◇申請

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金交付申請書に,次の書類を添えて申請して下さい。
(1) 市税完納証明書
(2) その他市長が必要と認める書類

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金の交付申請には以下の様式をご利用ください

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金の交付申請の変更・中止を行う方は以下の様式をご利用ください

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金実績報告書を提出される方は以下の様式をご利用ください

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金の請求書は以下の様式をご利用ください

笠岡市中小企業人材育成支援事業補助金交付要綱は下の添付ファイルをご覧ください