ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 長寿支援課 > 介護保険制度の詳しい内容について

介護保険制度の詳しい内容について

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月12日更新 <外部リンク>

title.kaigo

介護保険制度がつくられた経緯

これまで、日本では“介護は家庭(家族)の問題”という意識がありました。
しかし、世界一の長寿国となり、寝たきりや認知症のお年寄りの増加、介護の長期化、介護する側の高齢化など様々な社会問題を抱えるようになりました。
こういった家族だけで介護することが困難な状況を踏まえ、介護保険制度が作られることとなりました。
介護保険制度は、介護が必要になった高齢者やそのご家族を社会全体で支えていく仕組みです。「介護が必要になる」のは限られた人だけでなく、誰もがリスクを抱えています。
このようなリスクを多くの人で負担しあい、万が一介護が必要になったときに、サービスを受けられるようにする制度です。
 

介護保険制度のしくみ

介護保険の仕組み(図) [その他のファイル/432KB]

介護保険料について

介護サービスに要する費用の財源は、その半分を国と岡山県、笠岡市が公費として負担しています。
残りの半分は、介護保険加入者のみなさんの保険料でまかなっています。   
負担割合の図<介護保険料の決まり方>
65歳以上の人の保険料は、2015年度(平成27年度)から2017年度(平成29年度)までの3年間に
笠岡市において必要な介護サービス等の費用をもとに決定します。<65歳以上の方の介護保険料>介護保険料の段階(65歳以上の方) [PDFファイル/49KB]<40~64歳までの方の介護保険料>
(1)国民健康保険に加入している方
  保険料は国民健康保険の算定方法と同様に、世帯ごとに計算します。
  前年の所得や2号被保険者(40~64歳までの方)の人数によって保険料は異なります。
  保険料の半額は国が負担します。

(2)職場の医療保険に加入している方
  加入する医療保険ごとに設定される介護保険料率により計算します。
  給与や賞与の額によって保険料は異なります。
 保険料の半額は事業主が負担します。 <保険料の納め方>介護保険料の納め方 [その他のファイル/301KB]

介護認定を受けるには

介護認定までの流れ [その他のファイル/298KB]

介護保険サービス利用までの流れ

サービス利用までの流れ [その他のファイル/433KB]

介護保険で利用できるサービス

<要支援の方が利用できるサービス>要支援の方が利用できるサービス一覧 [PDFファイル/104KB]       ※また、介護予防給付のうち訪問介護・通所介護について、市町村が地域の実情に応じた取組ができる
        「新しい総合事業」への移行を平成29年度に笠岡市は予定しています。<要介護の方が利用できるサービス>要介護の方が利用できるサービス一覧 [PDFファイル/113KB]施設サービス一覧 [PDFファイル/70KB]<笠岡市内事業所一覧>笠岡市内事業所一覧【平成27年4月1日現在】 [PDFファイル/1.35MB]

負担を軽減する制度

介護保険の各種助成制度 [PDFファイル/123KB]

笠岡市地域包括支援センターについて

地域包括支援センターは、市町村が設置主体となり、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等を配置して、
3職種のチームアプローチにより、住民の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、
その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とする施設です。
 主な業務は、介護予防支援及び包括的支援事業((1)介護予防ケアマネジメント業務、(2)総合相談支援業務、
(3)権利擁護業務、(4)包括的・継続的ケアマネジメント支援業務で、制度横断的な連携ネットワークを構築して実施しています。地域包括支援センターとは [その他のファイル/425KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)