ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 市民課 > 自分にあった薬の選び方~ジェネリック医薬品について

自分にあった薬の選び方~ジェネリック医薬品について

印刷用ページを表示する更新日:2015年4月5日更新 <外部リンク>

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品です。研究開発費用が抑えられることから、新薬に比べ薬価が安く、患者さんの自己負担の軽減や医療保険財政の効率化にもつながります。欧米諸国では医療用医薬品のシェアの約半分を後発医薬品が占めていますが、日本での後発医薬品のシェアは50%にも満たないのが現状です。厚生労働省では、「平成29年度までに、後発医薬品の数量シェアを30%以上にする」という目標を掲げ、後発医薬品の使用促進策に取り組んでおります。

◎ジェネリック薬品に切り替える方法◎

保険証送付時に同封しています「お願いカード」を医師や薬剤師に提示し、相談してみてください。

◎笠岡市の取り組み◎

ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の自己負担額が軽減される方に毎月「使用促進のお知らせ」をお送りしています。自己負担の軽減や医療保険財政の効率化にもつながりますので、切り替えをご検討ください。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)のパンフレットをご覧ください [PDFファイル/213KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)