ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 税務課 > 令和2年度 市民税・県民税の申告のお知らせ

令和2年度 市民税・県民税の申告のお知らせ

印刷用ページを表示する更新日:2020年1月27日更新 <外部リンク>

令和2年度 市民税・県民税の申告のお知らせ

市民税・県民税の申告時期が近づいてきました。この申告は,あなたの市民税と県民税を計算するための基礎資料となります。

また,国民健康保険の税額や各種手当て・行政サービスの負担額などの大事な判定資料となるため,収入がない人でも申告が必要な方は,必ず申告をしてください。

期間中は会場が非常に混み合うことが予想されますので,申告がスムーズに行えるよう,今から関係書類の準備をお願いします。

申告相談期間

令和2年2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日) 

※上記期間以外に以下の日程で,年金受給者の方および還付対象者の方を対象に申告事前説明会を開催します。この説明会で必要書類がすべて揃っている人は,その場で申告書を提出することができます

 ○年金受給者および還付対象者を対象とする事前説明会

  日 時: 令和2年2月12日(火曜日)から2月14日(金曜日) 9時00分から16時00分

  場 所: 市役所3階第1会議室

申告相談会場

各申告相談会場の場所と日時は次の表でご確認ください。

確定申告日程表

市民税・県民税の申告が必要な方

令和2年1月1日現在,笠岡市内に住み,次の(1)~(6)のいずれかに該当する人(ただし,所得税等の確定申告を行う人は除く)

(1)給与所得者で次に該当する人

◇給与以外に不動産・報酬・配当などの所得のあった人(給与所得以外の所得が20万円以下の人は,確定申告の必要はありませんが,市民税・県民税の申告は必要です)

◇勤務先から笠岡市役所へ給与支払報告書が提出されていない人

(2)控除対象配偶者や扶養あるいは事業専従者になっていない人(笠岡市以外に住んでいる人に扶養されている人も申告は必要です)

(3)社会保険料控除や扶養控除などの所得控除を受けようとする人

(4)令和元年中に営業・農業・不動産・配当などの所得があった人

(5)令和元年中に個人年金や満期返戻金を受取った人

(6)令和元年中に収入が無く,所得証明書を必要とする人や国民健康保険や介護保険,後期高齢者医療保険に加入している人

申告に必要な物

(1)印鑑(認印)

(2)給与・公的年金などの源泉徴収票

(3)事業所得などがある人は収支内訳書,固定資産課税証明書などの租税公課が確認できるもの

(4)生命保険料,地震保険料,国民年金保険料控除証明書,障害者手帳など(ただし,年末調整済の人は必要ありません)

(5)従来の医療費控除を受ける人は医療費控除の明細書(明細書は国税庁ホームページ<外部リンク>からダウンロードしてください)※領収書の添付は不要です

(6)還付申告の場合は,還付先口座がわかるもの(通帳など)

(7)マイナンバー確認書類と身元確認書類

 ※必要書類は下記の表で確認してください
 
 マイナンバー確認書類身元確認書類

                      パターン(1)

 

マイナンバーカード

パターン(2)

※マイナンバーカードがない場合

・通知カード
・マイナンバー記載の住民票

上記のいずれか1点

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・年金手帳
源泉徴収票
生命保険料控除証明書など

上記のいずれか1点

所得税等の確定申告

 次の人は笠岡税務署での相談をお願いします。

 ・青色申告者の事業所得のある人

 ・分離課税所得(土地・建物・株式などの譲渡所得)のある人

 ・住宅ローン控除(1年目)がある人

 ・令和元年中に亡くなられた人など

※所得税等の確定申告書を自分で作成した人は,郵便やe-Taxなどにより申告期限までに税務署へ提出してください。

【笠岡税務署】 ☎ 62-3111
        〒714-0086 笠岡市五番町5-48
        受付時間 平日午前8時半~午後5時