ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > > グリーンスローモビリティ活用実証調査を行います!

グリーンスローモビリティ活用実証調査を行います!

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月26日更新 <外部リンク>

グリーンスローモビリティ活用実証調査を行います。

環境への負荷が少なく,狭い路地も通行が可能で、高齢者の足の確保や観光客の周遊に役立てる「新たなモビリティ」として期待されているグリーンスローモビリティ(略称:グリスロ)の地域での活用に向けた実証調査地域に採択されました。

岡山県南西部初の実証運行です。

国土交通省の実証調査事業は2年目ですが,島地部のみの実証運行は全国初です。

実証運行期間

令和元年9月13日(金曜日)~9月29日(日曜日)
 

北木島豊浦地区・金風呂地区

9月13日(金曜日)~9月26日(木曜日)

北木島大浦地区

9月18日(水曜日)

高島地区

9月20日(金曜日)~9月25日(水曜日)

真鍋島地区

9月29日(日曜日)

内容

  本年度,国土交通省の「グリーンスローモビリティの活用に向けた実証調査支援事業」に,笠岡市北木島・高島・真鍋島の『スローな空間・スローな乗り物~期待に応えるモビリティ@笠岡諸島~』が選定され,実証調査を行うこととなりました。
上記場所,日程でグリーンスローモビリティの実証運行を行います。乗車料金は無料です。車両は日立製の4人乗り2台を借用します。
 この実証調査は,日本遺産認定を受けた笠岡諸島の狭い小道や急な坂道などを小型の電動自動車でゆっくりと走れるグリーンスローモビリティを活用し,高齢者の移動手段の確保や観光客の散策支援など,地域の交通課題の解決と低炭素型モビリティの導入を同時に進め,新たな移動手段としての可能性,事業性,Co2削減効果などの有効性を検証するものです。

グリーンスローモビリティとは

時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上の電動ハ(読み不明)フ(読み不明)リックモヒ(読み不明)リティ
 

グリスロ1