ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 観光情報 > 目的で探す > 遊ぶ・体験 > カブトガニ博物館 > 「麦稈真田を知ろう!」を開催しました

「麦稈真田を知ろう!」を開催しました

印刷用ページを表示する更新日:2020年1月21日更新 <外部リンク>

令和2年1月19日(日曜日)麦稈真田についてのワークショップを行いました。

まずは、講師の「相澤 麻有子先生」に麦稈真田についてお話していただきました。

相澤さん

そして、色画用紙を利用して、実際に編んでみました。

三つ編みと同じ要領で編むそうです。

真田編み

編み方をマスターしたら、実際に麦で編むのですが、丸い麦では編めないので平らにします。

昔は、木で作った道具があったようですが、現在はパスタマシーンを代用して、麦を平らにしました。

麦を平らにする

準備ができたら、実際に編んでみました。

皆さん、無心でひたすら編んでいました。

適当な長さになったところで、もう一度パスタマシーンに入れて平らにしました。

 

麦が編めたら、講師が持参してくださったミニ帽子をデコレーションしました。

帽子

自分で編んだ麦稈真田をリボンにして、オリジナルのミニ帽子の完成です。

カブトガニとコラボしたもの、シンプルなもの、いろいろな帽子が出来上がりました!

講師の相澤さん、応援をお願いした生涯学習課の学芸員さん、参加してくださった方々ありがとうございます。

カブニ家族